滋賀大津そけいヘルニア外科クリニック 安川 大貴 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.116

消化器外科

そけい部ヘルニアの日帰り手術。身体に負担の少ない、ヒトツキズ腹腔鏡
そけい部ヘルニアの日帰り手術。身体に負担の少ない、ヒトツキズ腹腔鏡
滋賀大津そけいヘルニア外科クリニック
  • 安川 大貴 院長
750 views
JR琵琶湖線膳所駅・京阪石山坂本線京阪膳所駅から徒歩2分。「滋賀大津そけいヘルニア外科クリニック」は、傷が一つの腹腔鏡手術「ヒトツキズ腹腔鏡」を日帰りで提供する、滋賀県初のそけい部ヘルニア専門クリニックだ。ヒトツキズ腹腔鏡は痛みが少なく、術後の回復も早い治療法。患者にとってのメリットは多いが、高度な技術と練度の高さが求められる手術のため、国内で実施する医療機関は数えるほどだ。クリニックとしては日本で初めて導入した高精度な内視鏡システムを駆使し、負担の少ない日帰り手術を提供する安川大貴院長へ、そけい部ヘルニアの症状や治療法、ヒトツキズ腹腔鏡についてお話を伺った。(取材日:2023年9月25日)

腸が飛び出す「そけい部ヘルニア」。放置すると命に関わることも

― そけい部ヘルニアとはどのような病気でしょうか?

そけい部とは両足の付け根あたりのことで、そけい部の筋肉の隙間から腸の一部や内臓脂肪が皮膚の下に押し出される病気が「そけい部ヘルニア」で、いわゆる“脱腸”です。
そけい部の中にある靭帯を挟んで上部(頭側)の内側が膨らむ「内そけいヘルニア」、外側の「外そけいヘルニア」、さらに下部(足側)に症状が生じる「大腿ヘルニア」。この3つを総称して、そけい部ヘルニアと呼びます。

― そけい部ヘルニアの主な症状を教えてください。

主な症状はそけい部の膨らみで、違和感があり、痛みを伴うこともあります。
皮膚の下に押し出された腸は、初期には押すと元に戻りますが、自然治癒することはありません。さらに進行して腸がお腹の中に戻らなくなる「嵌頓(かんとん)」になると、腸閉塞を引き起こします。早急に手術しなければ命に関わるほど危険な状態です。
嵌頓まで進行するケースは少ないですが、そけい部ヘルニアは自然に治ることはなく、膨らみが大きくなると手術の難易度が上がり合併症リスクも高くなるため、早めの受診をお勧めします。

― どのようなことが原因で発症するのですか?

加齢によって筋肉や筋膜が衰えることが主な原因ですが、他にも仕事や生活習慣などに起因して発症することがよくあります。
腹圧の上昇によって腸や脂肪が押し出されるため、重たい荷物を運ぶ仕事や立ち仕事をしている方、日常的に筋肉トレーニングをしている方、妊娠中の方もなりやすい病気です。また遺伝的な要因が指摘されており、実際の診療でも家族歴のある方が一定の割合でいらっしゃいます。

― そけい部ヘルニアの治療法を教えてください。

「鼠径部切開法」と「腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術」の2つがあり、いずれもシート状のメッシュを筋膜に当てて補強・修復する手術です。
鼠径部切開法は、そけい部を5〜6センチほど切開して行います。一方、腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術は、腹部に開けた小さな穴から腹腔鏡と器具を挿入して行う手術です。傷跡が目立ちにくく、低侵襲で回復も早いため、日帰り手術が可能です。一般的には、おなかに3か所の穴を開けますが、当院では臍部(または臍下)の1か所のみで行う腹腔鏡手術、「ヒトツキズ腹腔鏡」を行っています。

負担の少ない日帰り手術。痛みが少なく、回復も早い「ヒトツキズ腹腔鏡」

― ヒトツキズ腹腔鏡の特長をお聞かせください。

当院で行っている腹腔鏡手術「ヒトツキズ腹腔鏡」は、傷が1か所のみなので、痛みが少なく回復が早い、傷跡も目立たないといった特長があります。
また、少し専門的なお話になりますが、日本で一般的な腹腔鏡手術である「TAPP法」とは、手術を行う場所が異なります。TAPP法の手術は腹腔内(おなかの中)で行うため、メッシュを留置する時に腹腔を覆う腹膜を切開する必要がありますが、縫い合わせた箇所が癒着すると、術後に腸閉塞を起こす可能性があります。それに対して当院のヒトツキズ腹腔鏡は「TEP法」という術式で行い、腹腔内には入りません。腹壁(筋肉)と腹膜の間にある空間(腹膜外腔)で手術を行うため、おなかの中に癒着が起こることはなく、臓器損傷や癒着による腸閉塞などの合併症リスクを下げられるので、より高い安全性が期待できると考えます。

― 日帰り手術にはどのようなメリットがありますか?

やはり、手術当日に帰宅して日常生活に戻れることですね。入院は精神的にも負担がかかり、家庭や仕事の都合など何らかの事情を抱えている方も少なくないため、入院をせずに治療ができることは大きなメリットでしょう。
反対に入院を希望される方に対しては、提携病院と連携して対応しています。

― 手術後、帰宅までの流れを教えてください。

手術後は回復室で過ごします。1時間ほど休んでから軽食と水分を摂っていただき、それから歩行確認などを行います。おおむね手術から2時間後、通常通りの動作ができるようになったらご帰宅が可能です。
手術直後は、ほとんど痛みはありません。数時間後に局所麻酔が切れると、翌朝にかけて痛みを感じる方もいらっしゃいますが、翌日夕方頃になると痛みも軽減してきます。私に直接つながる電話番号をお伝えしておりますし、翌日には私からお電話をします。不安を感じた時の相談はもちろん、万一の際にもすぐに対応するようにしています。

― 手術以外のクリニックの特長をお聞かせください。

電車・車のどちらでもアクセスが良く、無料の駐車場も完備しています。火・金曜日は19時まで診療を行っており、土曜日にも手術が可能なので、忙しい方でも受診しやすいのではないでしょうか。滋賀県全域はもちろん、隣県からお越しになる患者さんもおられます。

ドクターからのメッセージ
  • 安川 大貴 院長

そけい部ヘルニアは、男性の3~4人に1人が発症するといわれる疾患ですが、時には命に関わることもあるため、気になる症状があれば早めの受診をお勧めします。
また、そけい部の症状には、泌尿器科や婦人科系、血液系の病気が隠れていることもありますが、専門科がないため、どこに行けば良いのか迷われる患者さまも多いようです。当院ではそういった方々の「窓口」として、適切な診療科へと繋ぐ役割も担っています。そけい部に痛みや違和感などの症状がある方は、お気軽にご来院ください。

そけい部ヘルニアの日帰り手術。身体に負担の少ない、ヒトツキズ腹腔鏡
そけい部ヘルニアの日帰り手術。身体に負担の少ない、ヒトツキズ腹腔鏡

滋賀大津そけいヘルニア外科クリニック 地図を見る

住所
滋賀県大津市馬場2丁目12-61 ZEZE・ヒルズ4F
電話番号
077-536-5865
診察領域
外科、消化器外科
専門医
外科専門医、消化器外科専門医、がん治療認定医