東長崎駅前内科クリニック 吉良 文孝 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.052

消化器内科

「フィブロスキャン検査」が切り拓く、「脂肪肝」治療の最前線
「フィブロスキャン検査」が切り拓く、「脂肪肝」治療の最前線
東長崎駅前内科クリニック
  • 吉良 文孝 院長
1,511 views
西武池袋線・東長崎駅から徒歩30秒に位置する「東長崎駅前内科クリニック」。一般内科に加えて消化器内科、内視鏡内科を標榜する“おなかの内科クリニック”である。消化器内科のなかでも胃・腸・肝臓・胆のう・膵臓と幅広い分野をカバーする同クリニックが、力を入れているのが、肝臓の硬さと脂肪量を1分足らずで測定する肝硬度測定装置「フィブロスキャン」を使った脂肪肝、肝障害の検査である。今回のインタビューでは、脂肪肝の特徴やリスク、生活習慣病との密接な関連性、フィブロスキャン検査の仕組みやメリット、それを踏まえた脂肪肝の治療法などについて、吉良文孝院長にお話を伺った。(取材日 2021年7月5日)

お酒を飲まない人も要注意。「NAFLD」「NASH」のリスクとは

― 「脂肪肝」とはどのような病気なのでしょうか。

肝臓に中性脂肪が沈着・蓄積し、フランス料理の“フォアグラ”のような状態になってしまう疾患です。ほとんどのケースではそこまで心配する必要はないのですが、一部の脂肪肝は慢性的な炎症を誘発し、肝機能障害の原因となるほか、肝臓の細胞の線維化が進み、肝硬変や肝臓がんに進行していく可能性もあります。また、脂肪肝による炎症によって放出される伝達物質が全身をめぐり、他の臓器の細胞や血管に炎症を引き起こしてしまうなど、全身に深刻な影響を及ぼす可能性も指摘されています。過度に不安を抱いたり恐れたりする必要はありませんが、決して放置すべきではありません。

― 肝臓の病気は、アルコールと密接に関連しているイメージがあります。

肝臓の病気といいますと、B型肝炎、C型肝炎などの「ウイルス性肝炎」や、お酒の飲み過ぎによる「アルコール性肝障害」といったイメージを抱かれる方が多いと思います。しかしながら、最近では、過剰な飲酒歴もなく、肝炎ウイルス感染もないのにも関わらず、脂肪肝や肝炎を患う方が増加しており、「非アルコール性脂肪性疾患(NAFLD:Non-alcoholic fatty liver disease)」、そのなかでも炎症や線維化を伴い、肝硬変や肝がんに進行する可能性のある「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH:Non-alcoholic steatohepatitis)」と言われ注目されております。脂肪肝は、肥満(メタボリックシンドローム)や糖尿病、高血圧や脂質異常症と同様に、「生活習慣が原因で生じる病気(生活習慣病)」の一つとして捉え、治療を進めていくことが求められています。

― 肝臓は“沈黙の臓器”と呼ばれるだけに、検査が重要ではないでしょうか。

そうですね。基本は腹部超音波(エコー)検査と採血検査です。超音波検査の画像の色や形、大きさなどから脂肪沈着の有無や程度のほか、肝臓がんや胆石、ポリープの有無等を確認できます。また、採血検査によってウイルス性肝炎や自己免疫性肝炎といった、肝炎の原因を突き止めることできる。つまり、腹部超音波検査と採血検査を組み合わせることで、肝臓がいかなる原因で、どのように痛んでいるかを把握できるわけですね。さらに当院では、「NASH」の症例に関する判定や、肝硬変に進展する可能性のある肝臓疾患を発見するためのツールとして、「フィブロスキャン検査」を導入しています。

12

この病院の他のインタビュー記事

「フィブロスキャン検査」が切り拓く、「脂肪肝」治療の最前線

東長崎駅前内科クリニック

場所
東京都豊島区長崎4丁目7−11 マスターズ東長崎 1階 MAP
電話
03-5926-9664
診察領域
内科、消化器内科、胃腸科、漢方、内視鏡、予防接種、健康診断、人間ドック
専門医
消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医
専門外来
肝臓専門外来、胸やけ外来

新着インタビュー

MORE