東長崎駅前内科クリニック 吉良 文孝 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
お腹の悩みに
広く応えられる
「利用しやすいクリニック」目指す

街の頼れるドクターたちvol.035

東長崎駅前内科クリニック
  • 吉良 文孝 院長
5,984 views
池袋駅から2駅目の西武池袋線「東長崎駅」の駅前にある「東長崎駅前内科クリニック」は、内科全般を診る一方、お腹の病気の診断と治療を得意としている。吉良文孝院長は、胃と大腸の内視鏡検査に力を入れるほか、肝臓専門医として肝臓の病気にも対応。患者が利用しやすいクリニックであることも重視しており、初診からインターネットで予約が取れるだけでなく、通院回数を減らすため、初診時に検査まで行う体制を敷いている。保険診療に加えて、腸内洗浄や腸内フローラ検査などの自費診療も行う。吉良院長は「具体的なアドバイスを通して、患者さんが自分の体のことを深く知り、自ら適切な医療受診ができるようにしたい」と話す。(取材日 2020年3月23日)

若い患者も利用しやすいよう初診からネット予約が可能、検査も初診時に行う

―まずは、クリニックのコンセプトをお聞かせください。

当院は、患者さんのお腹のお悩みについてトータルかつシンプルに応えられるクリニックでありたいと考えています。健康保険が適用される胃と大腸の内視鏡検査だけではなく、自費診療として腸内洗浄や腸内フローラ検査を行っているのはそのためです。「シンプル」というのは「患者さんが利用しやすいこと」を意味していて、たとえば当院では検査を含めて初診からインターネットで予約を取ることができ、また内視鏡検査は特定の時間枠を設けず、診療時間中はずっと外来と並列して行っています。当院には若い患者さんが多いのですが、若い方はお仕事もあって頻繁に医療機関を受診するのが難しいでしょうから、「利便性の高いクリニック」であることを意識しています。

―若い人が多いのは特徴ですね。患者層について詳しく教えていただけますか。

当院は池袋駅から2駅目という立地柄、周辺には若い方が多く住んでいるんですね。20代から30代の方が患者さん全体のうち約3割を占めますから、ご高齢の方が多い一般的なクリニックとは趣が異なるのではないでしょうか。女性の患者さんが多いことも特徴で、男女比はおよそ4対6。女性の方は便秘や胸やけなどに悩んでいる人が多いです。また、当院の病院っぽくないサロンのような雰囲気を気に入っていただくことも多いように思います。加えて、私は数の少ない肝臓の専門医でもあるので、健康診断で肝機能の異常を指摘された方なども相談に見えます。肝臓に関する検査や治療についても、入院を要さないものであればほとんどを網羅しています。

―初診から検査を受けられるそうですが、どんなものが対象になるのですか?

初診時に検査ができるものは、採血、お腹の超音波検査、心電図検査、レントゲン撮影、尿検査です。胃と大腸の内視鏡検査は希望者が増えているので現在は難しいのですが、枠が空いていれば当日に行うようにしています。今後、内視鏡の検査枠の拡大を予定しているので、当日検査を受けやすくできると思います。また、できるだけ受診の回数を減らせるように、結果説明もできる限り当日に行っています。

患者の医療リテラシーを高め、自ら適切な医療受診ができる状況をつくりたい

―行っている自費診療について教えてください。

自費診療としては、温水を使って老廃物の排出を促す腸内洗浄、腸内にいる細菌の種類や割合を調べる腸内フローラ検査、タイ発祥の腹部マッサージ「チネイザン」を行っているほか、インナーマッスルを鍛える高周波刺激装置を備えています。当院はビルの1階と3階を借りていて、1階で主に保険診療を、3階で腸内洗浄とチネイザンを行っています。当院が自費診療を行っているのはあくまでも患者さんの選択肢を増やすためなので、これらのメニューを提案するのは本当に患者さんに有用だと思われる場合のみです。その方の状況や考え、症状などと照らして有用性が低いと思われる場合はその旨も率直に伝えています。

―過敏性腸症候群の患者も来院されていると聞きました。

過敏性腸症候群の患者さんも少なくありません。これは、下痢や便秘などの異常を繰り返していながらも検査で原因が分からないという病気で、有効な治療方法も確立されていないんですね。薬物療法や食事療法などを組み合わせながら粘り強く改善を目指していくことが多いので、当院では患者さんの話をよく聞き、食事のアドバイスもなるべく具体的に行いつつ、心理療法も踏まえながら診療するようにしています。特に患者さんとの良好なコミュニケーションは重要です。この病気は治療が難しい分、医療機関であまり話を聞いてもらえなかったことに不満を感じている人も多いので、まずは患者さんから「この医師には相談ができる」「話を聞いてもらえる」と信頼していただくことを大切にしています。

―最後に、読者にメッセージをお願いします。

患者さんのほとんどは医療に時間をかけたくないことでしょう。当院は不要な医療受診を減らすために無駄だと思う検査は推奨せず、また受診が必要な場合も、なるべくストレスなくスピーディーに終われるクリニックを目指しています。私が患者であったとしてもその方がいいと思うからです。診療中には医療受診の目安や、健康的な生活を送る上で大切だと思われる情報も積極的にお伝えしています。患者さんの医療リテラシーを高め、患者さんが自ら適切に医療機関を利用できるようになることが、私の願いの一つです。

この病院の他のインタビュー記事

お腹の悩みに広く応えられる「利用しやすいクリニック」目指す

東長崎駅前内科クリニック

場所
東京都豊島区長崎4丁目7−11 マスターズ東長崎 1階 MAP
電話
03-5926-9664
診察領域
内科、消化器内科、胃腸科、漢方、内視鏡、予防接種、健康診断、人間ドック
専門医
消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医
専門外来
肝臓専門外来、胸やけ外来

新着インタビュー

MORE