かわぐちレディースクリニック 檜垣 博 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.047

産科

出産の感動を家族で共有。「家族立ち会い帝王切開」とは
出産の感動を家族で共有。「家族立ち会い帝王切開」とは
かわぐちレディースクリニック
  • 檜垣 博 院長
903 views
埼玉県川口市の産婦人科「かわぐちレディースクリニック」。同クリニックの檜垣博院長が力を入れているのが「家族立ち会い帝王切開」である。かつて檜垣院長は、産婦人科医として妻の出産に携わり、帝王切開の手術を担当。自分の子どもの出産に立ち会えた時の感動、新しい生命の泣き声、重さから受けた感銘を一般の方々にも共有したいという思いから「家族立ち会い帝王切開」の仕組みを構築した。同クリニックにおいて帝王切開で出産する妊婦のうち、実に9割以上が家族の立ち会いを選択しているという。「家族立ち会い帝王切開」の特徴やメリット、医療者が留意すべきポイントについて伺った。(取材日 2021年4月19日)

帝王切開に家族が立ち会う。安全と安心を両立させる“ハッピー”な出産

― 「家族立ち会い帝王切開」とは、どのような分娩方法なのでしょうか?

文字通り、帝王切開による分娩の際、妊婦さまのご家族に立ち会っていただきます。帝王切開は、妊婦さまが一人で手術に臨むのが一般的ですが、手術を受けるのは初めてという妊婦さま、帝王切開に対して“痛い”“怖い”というイメージを抱かれている妊婦さまも多数いらっしゃいます。そのため、手術が終わるまで、ずっと一人で頑張らねばならないことに、大きな不安を感じられる妊婦さまが少なくないのです。
この点、「家族立ち会い帝王切開」は、手術中も旦那さまに手を握ってもらう、話し掛けてもらうことができるので、妊婦さまの不安が大いに和らぎます。

また、生まれたばかりの赤ちゃんはすぐにそばに来るので、自律的に呼吸できるようになるまでの蘇生処置も全て見えますし、状態が良ければ、手術中でも触ったり抱っこしたりと、出産の喜びや感動をご家族で共有していただけます。また、産声を一緒に聞くことで、旦那さまに“父性”といいますか、子どもの父親になったという感覚を持ってもらい、育児へ積極的に参加していただくきっかけにもなります。これも立ち会いがもたらす大きなメリットの一つです。

― どのような経緯で「家族立ち会い帝王切開」を発想されたのでしょう。

まず強調しておきたいのは、「帝王切開は経膣分娩の失敗ではない」ということです。帝王切開は骨盤位(逆子)や双胎妊娠のほか、経膣分娩を予定していたものの赤ちゃんの心音が悪くなったケースや、分娩が止まってしまったケースなどに実施されることが多いため、ネガティブなイメージで捉えられがちです。
しかし近年では、母体や赤ちゃんの安全を考慮して、帝王切開を選択する妊婦さまが増えており、予定帝王切開・緊急帝王切開を合わせると、国内で行われる出産の約3割は帝王切開によるものです。つまり、帝王切開はれっきとした出産方法の一つであり、経膣分娩と同様に“ハッピー”なものであって然るべきなのです。
家族立ち会い帝王切開をすることで、妊娠中の皆さまの不安を払拭したい。旦那さまと出産の記憶を共有して感動を分かち合ってほしい。そして、ご家族とともに「自分たちの出産は幸せだった」と記憶を持ち帰っていただきたいと願っています。

12

この病院の他のインタビュー記事

出産の感動を家族で共有。「家族立ち会い帝王切開」とは

かわぐちレディースクリニック

場所
埼玉県川口市南前川2丁目4−20 MAP
電話
048-265-5290
診察領域
産科、婦人科、産婦人科、性病科、麻酔科、予防接種
専門医
産婦人科専門医、周産期(新生児)専門医、超音波専門医
専門外来
不妊症専門外来、更年期障害(女性)専門外来、女性専門外来

新着インタビュー

MORE