かわぐちレディースクリニック 檜垣 博 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.047

産科

出産の感動を家族で共有。「家族立ち会い帝王切開」とは
出産の感動を家族で共有。「家族立ち会い帝王切開」とは
かわぐちレディースクリニック
  • 檜垣 博 院長
5,771 views

成功のカギは確実な麻酔管理と冷静で迅速な術中判断

― 家族が立ち会うことを踏まえて、留意していることはありますか?

手術や入院・点滴等の準備は、通常の帝王切開と基本的に同じなので、妊婦さまとご家族にとってのデメリットはありません。ご家族の方から血液などの術野は見えないようにカバーしていますし、不安にならないようにリラックスできる曲を流しています。ご家族には妊婦さまの手を握っていただき、普段と同じように話しかけていただければよい状態にしています。ただ、私たち医療者側は、不安を与えないように、電気メスを使用せずに匂いを出さないような手術をしたり、手の束縛もしないので妊婦さまが動いたりする中での手術を行うなど普段と異なる技術が求められます。また、手術中に妊婦さまから「痛い」という声があがると、ご家族との信頼関係が崩れてしまいますので、脊髄くも膜下麻酔以外に硬膜外麻酔(CSEA)を併用し、麻酔を綿密にコントロールする必要があります。

― 想定外の事態に備えておくことも大切ですね。

予定帝王切開の場合でも、周囲の組織との癒着など、実際に手術を行ってみてわかることが存在します。どんなに丁寧に手術を進めても、出血が多く輸血が必要になるケースや、母体や赤ちゃんの状態が悪く、緊急蘇生が必要になるケースが稀にありますし、さらに状態が悪ければ高次医療施設への搬送が必要になる場合もあります。その場合でも、ご家族が手術の一部始終を目にし、私たちが緊張感を持って迅速に動いていたことをご理解いただければ、術中に説明を簡略に行えるので、スピーディーかつスムーズに搬送できます。これも「家族立ち会い帝王切開」のメリットの一つです。

― 家族立ち会い帝王切開を導入するクリニックが増えるといいですね。

はい。ハードルがあるとすれば麻酔管理と、医師や助産師の理解・納得をいかに得るかという点でしょうか。最初は反対意見が多いかもしれません。特に他の手術も行う大きい病院ほど難しいと思います。しかし産科に特化した施設なら「家族立ち会い帝王切開」の仕組みを検討できると思います。当院では同様の仕組みを検討されている他施設さまに見学に来ていただき、情報を公開しています。手術の最初から最後までフルで立ち会える施設が増えて、経膣分娩で家族の立ち会い出産が多くなった流れのように、「なぜ帝王切開の立ち会いをしないのか」という雰囲気に変わっていくことを願っています。
そして、妊娠中のすべての方が不安を抱えず妊娠生活を送り、どのような出産方法でも満足いく結果に終わることを願っています。

ドクターからのメッセージ檜垣 博 院長

以前に帝王切開を経験して、怖い思いをされたことのある方、「前回の分娩は失敗だったかも」と悩んでいる方には是非、家族立ち会い帝王切開をご検討いただければと思います。「自分たちの出産は幸せである。帝王切開で良かった」という思い出を持ち帰っていただけるよう、私たちが全力でお手伝いします。

出産の感動を家族で共有。「家族立ち会い帝王切開」とは
12

この病院の他のインタビュー記事

出産の感動を家族で共有。「家族立ち会い帝王切開」とは

かわぐちレディースクリニック

場所
埼玉県川口市南前川2丁目4−20 MAP
電話
048-265-5290
診察領域
産科、婦人科、産婦人科、性病科、麻酔科、予防接種
専門医
産婦人科専門医、周産期(新生児)専門医、超音波専門医
専門外来
不妊症専門外来、更年期障害(女性)専門外来、女性専門外来

新着インタビュー

MORE