いしがみ整形外科クリニック 石神 等 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.045

整形外科

手術に頼らない変形性膝関節症の新たな治療法〜PRP再生医療〜
手術に頼らない変形性膝関節症の新たな治療法〜PRP再生医療〜
いしがみ整形外科クリニック
  • 石神 等 院長
442 views
中高年に患者が多い「変形性膝関節症」は、膝軟骨がすり減ることによって起こる病気で、放っておくと徐々に膝の変形や痛みが悪化し、寝たきり状態へとつながる恐れが高い。整形外科医としてこの疾患に長年取り組んできたのが「いしがみ整形外科クリニック」の石神等院長だ。1000例以上の人工関節手術を執刀した経験から、外科手術に頼らない新しい治療法に注目。2019年より血小板を凝縮した製剤を幹部に注入する再生医療「PRP療法」に取り組み、150例以上の豊富な施術実績を挙げている。そんな院長に、変形性膝関節症の原因や症状、再生医療による治療について詳しい話を伺った。(取材日 2021年1月25日)

ひざに違和感を覚えたら、早めに整形外科専門医に相談を

― 変形性膝関節症とはどのような病気ですか?

主に加齢が原因でひざの関節の中にある軟骨がすり減り、痛みや変形を生じる病気です。正座などのひざを曲げる動作が多い女性に発症しやすいのですが、食の欧米化による肥満が原因でひざに負担がかかり発症する男性も増加しています。また性別や年齢に関わらず、スポーツや余暇をアクティブに過ごす方も発症しやすいようです。
最初はひざへの違和感や歩き始めの痛みが気になる程度なのですが、進行してくるとひざに水が溜まり、日常生活の動作に支障をきたすように。重症化するとひざが変形して曲げ伸ばしができなくなり、安静にしていてもひざが痛いという状態になります。今や高齢者の介護要因のナンバーワンが関節や筋肉などの運動機能の低下です。要介護状態を避けるためにも、症状を感じ始めたら早めに整形外科専門医へ相談ください。

― 治療法にはどのようなものがあるのでしょう?

従来からの治療法としては、まず減量と運動療法を通じた日常動作の改善があります。変形性膝関節症に悩む方の多くが、ひざに負担をかける体の使い方をしています。当院では理学療法士とともにその習慣を改善。あわせて電気療法などの物理療法で、痛みや突っ張り感のケアをしていきます。また鎮痛薬の内服または外用、ヒアルロン酸やステロイド剤などの関節内注射といった薬物療法も基本的な治療法です。ただしこれらの治療法は痛みの改善はできても、根本治療には至りにくいのが現状です。

― 根本治療には手術が有効だと聞きました。

変形性膝関節症が悪化し、重度の変形や骨がずれてしまう状態になると外科手術が有効です。いくつかの手術法がありますが、根本治療には皮膚や骨を切る外科手術が必要となります。特に人工膝関節全置換術などの人工関節を入れる手術は、適切に手術をすれば最も有効な治療といえるでしょう。私は膝関節を診る整形外科専門医として、これまで1000例以上の人工膝関節置換術を執刀してきました。手術を希望される方には、川越三井病院をはじめ提携病院での手術をご案内しています。

12
手術に頼らない変形性膝関節症の新たな治療法〜PRP再生医療〜

いしがみ整形外科クリニック

場所
埼玉県川越市豊田町3-11-2 MAP
電話
049-265-5639
診察領域
整形外科、リハビリテーション科
専門医
整形外科専門医
専門外来
骨粗鬆症専門外来

新着インタビュー

MORE