乃木田 俊辰院長 医療法人社団新光会 新宿南口皮膚科 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.010

皮膚科

痕を残さない、きれいに治す
ニキビ治療
痕を残さない、きれいに治す<br>ニキビ治療
医療法人社団新光会 新宿南口皮膚科
  • 乃木田 俊辰院長
16,073 views
多くの人が経験したことがあるだろうニキビの症状。「そのうち治るから」と放置したためにニキビ痕が残ってしまい、後悔した人もいるのではないだろうか。ニキビの治療に精通している医師は全国でも少ないと言われるが、「新宿南口皮膚科」の乃木田(のぎた)俊辰院長はその中の一人であり、皮膚科専門医よりもさらに取得難易度が高い美容皮膚科・レーザー指導専門医の資格も保有する。「ニキビをきれいに治す」ことをモットーとする乃木田院長はどんな治療を行っているのだろうか。ニキビ痕への対応や医療受診の目安などを含めて聞いた。(取材日 2018年6月26日)

ニキビも早期治療が重要。赤・黄ニキビの8%が12週以内にニキビ痕になってしまう

―そもそも、ニキビとはどのような病気なのでしょうか?

ニキビは日本人の9割に発症する慢性の炎症性疾患です。皮脂が過剰に分泌されることで中学生や高校生のころに起きるものと、ストレスなどから大人になってできるものとがありますが、いずれも多くの場合、30歳前後で症状は治まっていきます。その一方で、症状が治まった後に赤みや色素沈着(くすみ)、へこみといった、いわゆるニキビ痕が残ってしまうことが大きな特徴です。多くの患者さんはニキビ痕が残らないよう「きれいに治る」ことを望んでいらっしゃいます。

―ニキビの治療方法についてお聞かせください。

健康保険が適用される治療と自費による治療の2通りがあり、保険内の治療は薬物療法が中心となります。薬には塗り薬と内服薬(抗生剤、漢方薬、ビタミン剤)があり、特に、面皰(めんぽう)改善薬である塗り薬を上手に使って毛穴の詰まりを改善していくことが重要です。自費治療としては、角質を取り除いて肌を生まれ変わらせるケミカルピーリングや電気を通して薬剤を肌の内部に浸透させるイオン導入、レーザーを照射して皮脂の分泌を抑制するレーザー治療などが挙げられます。当院ではこれらの自費治療も行っています。

―ニキビをきれいに治すためのポイントは?

多くの病気と同じように、ニキビも進行するほどに治療の難易度が高まりますので、早期治療が非常に重要です。ニキビには、皮脂が毛穴の中に詰まることで皮膚が軽く盛り上がる白ニキビ、白ニキビに炎症が起きて赤みを帯びる赤ニキビ、赤ニキビが膿んでしまった黄ニキビなどがありますが、望ましいのは白ニキビの時点で治療を始めること。面皰改善薬の塗り薬を使うことで白ニキビは治りますし、ニキビ痕もできにくいのです。注意したいのは赤ニキビ以降で、アメリカの調査では、赤ニキビや膿をもった黄ニキビを放置しておくと、8.2%が12週間(約3ヵ月)以内にニキビ痕になったと報告されています。

ニキビ痕でも赤みと色素沈着であれば自費治療によって改善が見込める

―ニキビ痕は治らないのでしょうか。

ニキビ痕の種類によります。赤みと色素沈着はピーリングなどの自費治療を行うことで治せる可能性が高いのですが、へこみに関しては非常に難しいのが実情です。ただ、ニキビ痕になったからといってすぐに諦める必要はなく、自費治療によって改善の可能性があることは知っていただきたいですね。

―先生が保有する「美容皮膚科・レーザー指導専門医」とはどのような資格ですか?

日本皮膚科学会が認定する資格で、皮膚科専門医の中でも美容的な治療の知識と技術を持つ医師に与えられます。2017年のデータだと同学会の会員は1万1440人であり、専門医はおよそその半数。美容皮膚科・レーザー指導専門医はわずか44人しかいません。ニキビ治療は先述したようにきれいに治すことが求められますから、美容的な治療を行えることは必須だと私は考えています。また、薬の扱いに習熟していることも大切です。

―同院では説明にも力を入れているのですね。

はい。当院では機器を使って患者さんの肌を拡大し、皮脂の詰まり具合をご自身の目で確認していただいているほか、治療方法や薬の使い方、有事の対応に至るまでじっくりと説明しています。ニキビは早期に面皰改善薬の塗り薬を使うことで改善できるのですが、これらの薬は3%の確率でかぶれることがあり、医師は塗り方や副作用が起きた場合の対応を丁寧に説明しなくてはなりません。皮膚科医として危惧しているのは、安易に抗生剤が処方されている現状です。抗生剤は使ってもかぶれることがほぼなく、また一時的に症状が和らぐため医師としては処方しやすいのですが、再発可能性が高く対症療法に過ぎません。重要なのは、面皰改善薬である塗り薬を使って皮脂の詰まりをなくす根本治療です。しかし医師によっては塗り薬の知識が足りなかったり、リスクまで説明することが億劫だったりすることで抗生剤が過度に処方されてしまっているのです。抗生剤の服用を重ねると薬に対して抵抗力を持つ耐性菌ができてしまいますから、必要な場合にのみ使うのが望ましいということを患者さんにも知っていただきたいですね。

ドクターからのメッセージ乃木田 俊辰院長

ニキビは放置していても症状が治まるものであり、患者さん、医師ともに軽視しがちな病気です。しかしながらニキビ痕が残ってしまって初めて、「早く治療をすれば良かった…」と後悔される方が多くいらっしゃいます。ニキビ治療は方法によって結果が大きく変わるため、深い知識と経験が必要です。私は皮膚科医として約40年のキャリアがあり、後半のおよそ20年はニキビの治療に力を入れてきました。塗り薬を使って症状の軽減をめざす保険治療を基盤にしつつ、難しい場合は自費による治療も行うことができます。ニキビの治療で最も大切なことは早く始めることです。ニキビに悩んでいる方は、日本皮膚科学会のホームページから近くで診療している専門医を探してみてください。もちろん、新宿に来られる方であれば私が親身に対応しますので当院にご相談ください。

痕を残さない、きれいに治すニキビ治療
痕を残さない、きれいに治すニキビ治療

医療法人社団新光会 新宿南口皮膚科

場所
東京都新宿区 西新宿1丁目18−7 博愛堂ビル3階 MAP
電話
03-3343-4103
診察領域
皮膚科、美容皮膚科
専門医
皮膚科専門医

新着インタビュー

MORE