ILC国際腰痛クリニック大阪  丸山 祐子 ドクター | ドクターズインタビュー

メニュー
手術だけでは治らない
腰痛の改善に、多職種の専門家が知見を集結

街の頼れるドクターたちvol.125 リハビリテーション科

ILC国際腰痛クリニック大阪
  • 丸山 祐子 ドクター
272 views
低リスクかつ日帰り治療が可能な「セルゲル法」や「フローレンス法」といった画期的な腰痛治療を、現在日本国内で唯一(2024年4月現在)提供する「ILC国際腰痛クリニック」。2024年4月には、待望の大阪院が各線新大阪駅から歩いて5分という好立地に開院した。同院に併設されたリハビリテーション施設「OJウェルネスセンター」では、施術後の機能回復を目指し、多職種が連携してさまざまな方面から腰痛治療に取り組んでいる。同センターの丸山祐子ドクターに、施設の詳細や、腰痛治療におけるリハビリの重要性などを伺った。(取材日 2024年4月18日)

痛みやしびれなどの腰痛治療に特化した、クリニック併設のリハビリセンター

― OJウェルネスセンターとはどのような施設ですか?

ILC国際腰痛クリニック大阪の「腰痛治療効果100%」という目標達成に向けて作られたリハビリ施設です。治療によって腰の痛みやしびれを少しでも和らげるのはもちろん大切ですが、症状が改善しただけではQOL(人生、生活の質)の向上には繋がりません。さらに一歩進めて、患者さまが望む社会的な活動を制限なく行うために必要なものは何か、そのために私たちにできることは何か。そこまで深く掘り下げ、リハビリテーションやカウンセリング、食事指導、生活指導まで幅広くフォローするのが、我々「OJウェルネスセンター」の役割ですね。

― こちらの施設では、どのようなリハビリが行われているのでしょうか?

一言で腰痛といっても、症状も原因もさまざまです。治療により椎間板の異常が見られなくなっても、痛みやしびれが残ってしまうこともあります。腰痛は、椎間板の損傷以外にも、脳や筋肉・骨・関節・靭帯などの問題や、血液や体質、腸に原因があることも珍しくないのです。それらが複合的に絡んで痛みやしびれを引き起こしている場合、椎間板だけを修復しても根本的な原因の解消にはならないのです。
そこで当センターでは、理学療法士、鍼灸師、臨床心理士、管理栄養士、セラピストなど各分野の専門家が医師、看護師らと協働し、患者さま一人ひとりの状態を評価、合同カンファレンスを行った上で計画を立て、必要なリハビリテーションプログラムを作成します。脳が起因であれば臨床心理士、筋肉や関節など体の動かし方の改善には理学療法士、術後の組織回復には栄養が欠かせませんから管理栄養士と、それぞれのスペシャリストの知見が必要です。さらに、患部に栄養を届けるため、血流の改善が必要な患者さまには鍼灸やアーユルヴェーダやオゾン点滴の提案なども行っています。
クリニックでの治療の前後に通われる患者さまはもちろん、腰痛でお悩みの方であればどなたでもご相談可能です。

多職種連携であらゆる要因の腰痛をケアし、治療後のQOL向上をサポート

― ILC国際腰痛クリニック大阪との連携について、ご紹介ください。

先述したとおり腰痛の要因はさまざまですが、脊柱管狭窄症をはじめとする椎間板の変形や損傷が原因であれば、当クリニックの「フローレンス法」や「セルゲル法」の治療を受けられると、高い効果を実感される患者さまが多いです。とはいえ、治療が終わっても修復や機能回復までには多少時間がかかりますし、そもそもの腰痛の要因が複合的な場合、術後も痛みやしびれが残ることがあります。クリニックでの治療と組み合わせて当センターをご利用いただくことで、自宅療養では難しいさらなる椎間板の修復や再生の促進が望めます。

― その他、連携によってどのようなメリットがありますか?

患者さまが初めてILC国際腰痛クリニックを受診される前に、当センターで事前に理学療法士がスクリーニングテスト(アンケート)を実施しています。その結果から患者さまの生活習慣や精神面の評価が行われ医師に共有されるので、その評価を資料として診療に役立てることができます。診察時の問診だけでは引き出せないお話をじっくり伺うことができるので、医師は患者さまに対する理解を深めることができ、よりスムーズで的確な診断・治療に繋がります。これはクリニックとリハビリ施設が連携しているからこそ可能になる、有用なシステムです。

― 最後に、メッセージをお願いします。

クリニックでは疾患の専門家である医師や看護師の治療が主体ですが、こちらでは治療後の生活の質を高めるために必要なリハビリテーションを行える多職種の専門家が、それぞれの専門性を発揮してきめ細かいサポートを行っています。生活習慣や体の使い方、食事、血流の改善に取り組む「アフターケア」を行うことで、腰痛の再発防止にも繋がり、クリニックの治療も補完できると考えています。
人生100年時代、皆さんにお伝えしたいことは「諦めないで」ほしいということ。もう歳だから……と諦めず、どこも痛まない、しびれない、心も体も健やかな人生(ウェルネス)を享受できるように、私たちが全力でサポートいたします。

自由診療の費用(目安)

OJW腰痛プログラム料金
・腰痛プログラム費用(6日分) ¥360,000
・宿泊費用 ¥60,000(5泊分)
・昼食費用 ¥4,000(5回分)

手術だけでは治らない腰痛の改善に、多職種の専門家が知見を集結

ILC国際腰痛クリニック大阪 地図を見る

住所
大阪府大阪市淀川区西中島5丁目4-20 新大阪駅前中央ビル1F
電話番号
06-6829-7662
最寄駅
新大阪駅、南方駅(西中島南方駅)、東淀川駅
アクセス
【電車】:JR「新大阪駅」東改札口より徒歩7分
【地下鉄】:大阪メトロ御堂筋線「新大阪駅」7番出口より徒歩4分
【新幹線】:東海道・山陽新幹線「新大阪駅」南口より徒歩5分
【飛行機】:関西国際空港→空港に隣接する「関西空港駅」で特急はるかにご乗車(乗車時間:約50分)→JR「新大阪駅」東改札口より徒歩7分
【飛行機】:大阪国際空港(伊丹空港)→阪急観光バスにて約25分
駐車場
当院専用の駐車場はないため、近隣の駐車場のご利用をお願い致します。
診察領域
整形外科、ペインクリニック
専門医
麻酔科専門医
専門外来
腰痛(ヘルニアなど)専門外来