藤井クリニック 藤井 靖成 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
若い時の一番きれいな
自分を取り戻す、
手術なしの美容医療

街の頼れるドクターたちvol.082

藤井クリニック
  • 藤井 靖成 院長
2,215 views
大阪メトロ四つ橋線「西梅田」駅から徒歩1分。藤井クリニックは、若返りのための肌治療を提供する女性専門の美容皮膚科だ。若返り医療(アンチエイジング医療)において国内有数の実績を誇る同院には、女性医師や医療関係者も治療に通う。若返り医療のパイオニアとして知られる藤井靖成院長は内科診療に10年以上携わったあと、キャリアの軸足を美容皮膚科・美容外科医へとシフト。開業後は15年にわたり臨床診療実績を重ね、美容医療と内科診療の両知見に基づく若返り医療を体系化した。総合内科専門医、日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医でもある藤井院長へ、若返り医療の考え方や内科診療との関係性、美容整形との違いについて伺った。(取材日 2022年2月18日)

自己肯定感を高める手術しない美肌治療で、自分らしい若返りをサポート

― どんなお悩みを抱えた患者さんが来られますか?

当院の患者さんは、「若返りたい」「きれいになりたい」と希望される20代から70代の女性です。お悩みは加齢によって生じる「たるみとしわ」と「シミとくすみ、乾燥、毛穴」の大きく2つです。
みなさん共通の希望は「手術をせず、周りに気付かれない治療」で、その根底には、自分らしく若返りたいという想いがあります。美容整形の罪悪感でなく、自己肯定感をより高めてくれる治療を望まれていますね。

― 患者さんはどのような治療を求めているのでしょうか?

ご自身のお悩みを解決するための「手術をしない最適な治療」を求めておられます。
若返り医療(アンチエイジング医療)では、加齢によって変化する細胞に栄養を与えることが治療の土台として必要です。そのため当院では、全身の細胞の状態まで考慮して治療の優先順位を決定。さらに予算内でもっともきれいになれる、ポジティブなご提案をすることにも手を抜きません。
若返りには、“良い塩梅”がとても大切です。それを担保する客観性をもって、予算も施術内容も一人ひとりにフィットさせるオーダーメイドの治療ですから、自分らしい若返りが可能です。

― 若返りと聞くと美容整形をイメージします。

美容整形は今の容姿を整えるために形を変える治療のため、得られるのはご自身の若返りではなく、別の誰かになることに近いでしょう。
また見た目の改善度が高い反面、どうしても違和感が生じて、周囲から「無理をしている」と見られることもあります。自然に若返りたい方には、美容整形は適切ではないということです。

― どのような治療をするのでしょうか?

身体の内側と外側の治療を組み合わせることが基本です。
例えばたるみやしわは、コラーゲンの減少など複数の原因で起こり、それを改善するために外側から刺激を与えます。コラーゲンの生成や筋肉の活性化には、“HIFU(ハイフ)”と呼ばれる超音波を照射する「超音波ウルセラリフト」、ラジオ波で熱エネルギーを与える「サーマクールFLX」などがあり、他にも治療の選択肢は豊富です。
同時に行う内側の治療には「高濃度ビタミンC点滴療法」「プラセンタ注射」など多数あり、加齢で弱った肌細胞の改善を図ります。

手術ではないお顔や体の若返り治療を梅田で20年。若返り医療の第一人者へ

― これまでのご経験について教えてください。

内科診療に携わる中で「長く生きることよりも、生活の質を高めることに貢献したい」と感じる出来事があり、当時登場したばかりのヒアルロン酸による若返りに着目しました。“もう歳だから”とよく言いますが、それは社会から見た自分に対し、自分で生き方を制限することになります。若く見えることで制限を取り払えたら、日々をより豊かにできると考えました。
大手美容外科で経験を積み、若返り医療の確立のために独立。10年は赤字覚悟で開業してから15年が経ち、長い研究の末に体系化に至りました。

― 総合内科専門医の資格をお持ちですが、若返りにはなぜ内科の知見が必要なのでしょうか?

身体の内側からの治療には、細胞を新生させるための内科的要素が欠かせません。細胞に影響する栄養や血流、免疫、神経バランスに精通してこそ、正しいアプローチができるからです。
また内科では、時間の経過とともに進む症状の変化を踏まえた診療が求められます。若返り医療も同様に、5年後、10年後にも起こる加齢の症状を見据えた、今の治療が必要です。長期的にお付き合いをする責任を持って、患者さんの心を預かる。そんな内科に通じる診療が美容医療には求められるのではないでしょうか。

― 美容における「自費診療」と「保険診療」の違いを教えてください。

保険診療は、あくまで疾患の治療が対象です。例えば大人ニキビの場合、一般皮膚科診療で受けられるのは、毛穴の炎症トラブルの治療。一方で、トラブル後の肌の状態をキレイにする、ニキビができないキレイなお肌にするのが自費診療です。積極的にきれいさを追求できる点が、自費診療の魅力ですね。

― 自分らしく若返るための肌治療。“賢いスキンケア”を実感してください。

内科医時代は患者さんの人生を間近で目にし、幸せな生き方や、そのために医師としてすべきことを考え続けてきました。その経験から、私は一人ひとりの人生観を尊重し、どんな方も幸せにしたいと強く思って診療に臨んでいます。
当院が提供するのは、イキイキと生きる方のための若返り医療です。「賢いスキンケアを受けてるわ!」と感じてほしいからこそ、上手なお金の使い方も含めて提案します。

若い時の一番きれいな自分を取り戻す、手術なしの美容医療

藤井クリニック

場所
大阪府大阪市北区梅田2丁目1−22 野村不動産西梅田ビル 8F MAP
電話
0120-482-212
診察領域
内科、消化器内科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科、内視鏡
専門医
総合内科専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医

新着インタビュー

MORE