新宿ストレスクリニック梅田院 初村 英逸 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
脳の機能を改善し、
心の疲れを癒やす〜
TMS治療と信頼関係

街の頼れるドクターたちvol.054

新宿ストレスクリニック梅田院
  • 初村 英逸 院長
916 views
JR大阪環状線「福島駅」から徒歩5分に位置する心療内科・精神科「新宿ストレスクリニック梅田院」は、新しいうつ病治療法「経頭蓋磁気刺激治療(TMS治療)」の専門クリニックだ。福島駅のほかJR「大阪駅」や阪神「大阪梅田駅」、地下鉄四つ橋線「西梅田駅」からも徒歩圏内と抜群のアクセスを誇り、かつ、土・日・祝日も開院している同クリニックには、関西はもとより中国、四国、九州地方など西日本全域から患者が訪れる。同クリニック院長の初村英逸先生に「TMS治療」の概要や、実際の治療の流れ、クリニックの特徴などについて、ざっくばらんに伺った。(取材日 2020年8月20日)

うつ病は「脳」の病気。「TMS」で脳の働きを根本的に改善する

― 貴院は、うつ病の新たな治療法「TMS」専門クリニックとのことですが、どのような治療法なのでしょうか。

うつ病は「脳」の病気だと考えられています。実際、うつ病の患者さまの脳の状態を検査してみると、脳の神経細胞の活動が弱まり、血流や代謝も低下していることが少なくないのですね。「経頭蓋磁気刺激治療(Transcranial Magnetic Stimulation:以下TMS治療)」は、頭部に磁気を当て、神経細胞を微弱電流によって直接刺激することで、脳の働きを根本的に回復し、うつ病やストレスを改善する治療法です。薬物療法のような大きな副作用がほとんどなく、生活や仕事に支障をきたすことがないという点が大きなメリットといえます。

― 脳に電流が流れると聞くと、ちょっとドキっとしますね。

そうですよね。ただ、「TMS治療」はあくまで磁場を変化させることによって微弱電流を誘起させる治療法ですから、「電気ショック療法」とは原理が違います。新しい治療法だけに、皆さまが警戒心を抱かれるのも無理はないと思います。正直な話、私自身も「TMS治療」の話を初めて聞いたときは「何だ、それは」と。「怪しい。油断ならないものが出てきたぞ」といった印象でしたからね。しかし、論文を読んだり、専門家の話を聞いたりするうちにだんだん興味が湧いてきた。そして、自分で実践するようになって、うつ病治療の有効な選択肢になりうることを確信した次第です。

― 実際の治療の流れについて聞かせてください。

まずは正確な診断のために、「光トポグラフィー検査」を受診いただきます。これは、簡単な課題に答えてもらったときに、患者さまの脳で生じる血流変化のパターンを“見える化”する検査で、うつ病や双極性障害、統合失調症といった疾患を数値によって客観的に判別する仕組みです。当クリニックでは、この検査結果と問診、カウンセリングをもとに、患者さまの症状を総合的に診断したうえで、「TMS治療」を勧めていきます。具体的な手順としては、レーザーシステムを使って正確な治療部位をミリ単位で同定したうえで、磁気を当てていきます。治療時間は1回20分程度で、通院回数は30回を目安にしています。ちなみに、施術中はコツコツとつつかれているような刺激はありますが、痛みを感じるほどではありません。

12
脳の機能を改善し、心の疲れを癒やす〜TMS治療と信頼関係

新宿ストレスクリニック梅田院

場所
大阪府大阪市北区梅田2丁目6−20 パシフィックマークス西梅田 B1F MAP
電話
0120-809-270
診察領域
精神科、心療内科
専門医
精神科専門医

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE