表参道皮膚科 梅田 さやか 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
患者の話を
とことん「聞く」。
表参道の“ホームドクター”

街の頼れるドクターたちvol.049

表参道皮膚科
  • 梅田 さやか 院長
411 views

理事長の熱い思いに心打たれて院長就任を決意。表参道エリアの“町医者”のような存在に

―どのような経緯で表参道皮膚科の院長になられたのでしょうか。

きっかけは友人の紹介でした。ずっと大学病院で仕事をしていたので、クリニックという慣れない環境でやっていけるのか。しかも、1997年の開院以来、表参道という東京を代表するエリアで長い歴史を積み重ねてきたクリニックの院長が私に務まるのか…正直なところ不安はありました。決め手になったのは、初代院長の奥様でもある理事長の言葉でした。「10年以上通い続けてくださっている患者さまや、海外から帰国するたびに訪れてくださる患者さまがいらっしゃる以上、クリニックを末永く続けていきたい」―。その熱い思いに心を打たれ、頑張ってみようと決心しました。

―クリニックの特徴について聞かせてください。

まず挙げられるのは、私を含めて5人の医師が、それぞれの専門性を活かしながら診療に当たっている点です。平日は私が皮膚科の診療を行い、土日は杏林大学医学部附属病院の先生が主に形成外科を担当してくださっています。先生方は同大学の教授に就任された先生や、偉大な業績を挙げている先生など、その道のスペシャリストばかり。大学病院と同じレベルの治療をクリニックで受けられるのは、ほかにない魅力だと思いますし、何よりも人柄が温厚で信頼できる先生ばかりです。また、このエリアで保険診療をメインで行っている点も当院の特徴といえます。

―表参道といいますと、自費診療中心の美容系の皮膚科が多い印象がありますからね。

実際に「こんなところに普通の皮膚科があったんだ」と驚かれる患者さまもいらっしゃいます。でも、表参道という華やかなエリアだからこそ、お子さまからお年寄りまで、男性・女性を問わず、誰もが気軽に通院できる、親しみやすいクリニックであり続けること。すなわち、いい意味で“普通”であることが大切だと思います。目指すは、表参道のホームドクターです。表参道周辺に昔からお住まいの皆さまはもとより、このエリアにお勤めの方々、お買い物で訪れた方々、さらには外国人旅行者の皆さまのお悩みにしっかりと向き合い解決していく、“町医者”のような存在でありたいと思っています。

12
患者の話をとことん「聞く」。表参道の“ホームドクター”

表参道皮膚科

場所
東京都渋谷区神宮前4丁目30−4 表参道430ビル MAP
電話
03-3796-7148
診察領域
形成外科、皮膚科、予防接種
専門医
形成外科専門医
専門外来
禁煙外来、アレルギー(皮膚科)専門外来

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE