まつもと整形外科 松本 淳志 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
子どもからご高齢の方まで、
健康で元気に
笑顔あふれるクリニック

街の頼れるドクターたちvol.048

まつもと整形外科
  • 松本 淳志 院長
426 views
福岡県久留米市にある「まつもと整形外科」は、整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科の診療を行うクリニックだ。さらに、生活習慣病・骨粗しょう症・ロコモティブシンドロームなど予防医療にも力を入れており、地域のかかりつけ医としての役割も担っている。整形外科専門医として福岡県内の総合病院で保存的治療から手術に至るまで多くの診療を行ってきた松本淳志院長が、「ならはら整形外科医院」を継承し、2020年5月に「まつもと整形外科」を開業した。「患者さまには笑顔で帰っていただきたい」と優しい口調で語る松本院長に、医師をめざしたきっかけや、患者さまと接する上で大切にされていることについて、じっくり伺った。(取材日 2020年6月23日)

苦しんでいる方を助けたい。患者さまの笑顔を守るホームドクターを目指す

― 先生が医師を志した理由を教えてください。

外科医の祖父が総合病院を経営しており、また叔父二人も医師でした。祖父や叔父が、毎日遅い時間まで患者さまを治療する姿を近くで見て育ち、「病気で苦しんでいる人を助けたい」「人の役に立ちたい」「人に感謝される仕事がしたい」と思うようになりました。
自分も医師になろうと決意をしたのは、高校生の頃です。二歳上の姉が医学部に入学したのがきっかけで、周りの環境もあり、誰に言われた訳でもなく自然と志していましたね。

― 整形外科の道を選ばれたのはなぜですか?

小さな頃、祖父がよく手術の話をしてくれました。その影響から私も祖父と同じように「自分の技術で人を救いたい」と思うようになったのです。当初から「開業したい」という思いが強かったので、開業できる外科に絞り、最終的に整形外科を選びました。小学生から剣道をしていて、怪我や成長痛で整形外科の先生にお世話になっていた経験も大きかったですね。

― 開業を決意されたきっかけを教えていただけますか?

祖父の背中をみて育ったこともあり、ホームドクターとして地域に根ざした医療を提供したいとの思いがありました。以前勤めていた総合病院での整形外科の役割は、最先端の手術を提供することでした。もちろん手術も重要ですが、手術が終わった後も一人ひとりに寄り添って接したかったのです。
親子何世代にもわたって主治医として関わりを持ち、地域で安心して暮らしていただけるように、医療・介護・福祉を一体として取り組みたいとの思いが強まりました。そうしたときに、事業継承のお話をいただき、この久留米市で開業する決意をしました。

12
子どもからご高齢の方まで、健康で元気に笑顔あふれるクリニック

まつもと整形外科

場所
福岡県久留米市安武町安武本3077−13 MAP
電話
0942-27-0755
診察領域
リウマチ科、整形外科、リハビリテーション科
専門医
整形外科専門医

新着インタビュー

MORE