ひだまりこころクリニック 野村 紀夫 理事⾧ | ドクターズインタビュー

メニュー
週7日診察、女性医師在籍、
相性の良い医師と
出会える心療内科

街の頼れるドクターたちvol.045

ひだまりこころクリニック
  • 野村 紀夫 理事⾧
12,463 views
愛知県あま市と名古屋市(栄・金山)で、グループ3院を展開する心療内科、ひだまりこころクリニック。法人全体で80名以上の医師のほか、臨床心理士や精神保健福祉士、看護師など約100名の専門職スタッフが在籍し、鑑別や副作用モニタリングに必要な血液検査、正確な診断のための心理検査、必要に応じて認知行動療法、適切な医療資源の案内や復帰に向けた支援など総合的なサポートを行っている。土曜日曜には診療体制を拡大し、待ち時間軽減にも力を入れている。うつ病、パニック障害、ADHD やアスペルガー症候群などの発達障害を抱える患者さんが多数来院するという。同法人の野村紀夫理事⾧に、治療の特徴について話を聞いた。(取材日 2020年6月11日)

治療を継続するには医師との相性が大切

― クリニックの特徴についてお話しください。

当院の特徴は、医師を「選べる」ことです。心療内科の治療では、医師との相性がとても重要だと考えています。初診後は必ず医師との相性を確認しており、ご希望に応じて担当の変更も可能です。性別や年齢、経歴において多様な医師が80名以上在籍しているため、「この先生なら分かってもらえる」と感じられるような医師と出会っていただけるよう配慮いたします。例えば、「子育て経験のある先生が良い」「あまり年上の先生だと話しにくい」「男性は苦手なので女性医師がいい」「優しい話し方の先生がいい」「年齢が近い先生がいい」などの要望も受け付けています。

― 法人の理念を教えてください。

“医療を通じて笑顔にあふれた地域社会の実現に貢献します”という理念を掲げています。この根底にあるのは、正しく、良い医療を提供したいという想いです。医師をはじめとしたすべてのスタッフへの教育に力を入れ、高いレベルの医療の提供に努めています。患者さんと働くスタッフが満足し、そして社会にも貢献する。そんな「三方良し」を目指したクリニック運営が、豊富な症例と治療成績につながっているのだと思います。

― どのような患者さんが来院されますか?

ADHDやアスペルガー症候群をはじめとした発達障害、うつ病、不眠症、不安障害、パニック障害、社交不安障害などの患者さんが中心です。自覚症状のある方だけでなく、セルフチェックテストの結果を見て、相談に来られる患者さんも多いですね。また当院では発達障害を診断するための心理検査ができるため、他院からの紹介で受診される患者さんも数多くいらっしゃいます。

― 診療の際に大切にしていることをお聞かせください。

あえて一つを挙げるなら、お薬の処方です。お薬の選択はもちろん、服用量の調整を特に大切にしています。例えば睡眠導入剤は、4分の1錠単位で処方します。「1錠では寝すぎてしまう、でも飲まなければ眠れない」という方のために、患者さんの睡眠時間にぴったりと合わせるための調整です。4分の1錠単位で徐々に減らしていく方法であれば、お薬がないと不安を感じる方でも止めやすいですよ。またお薬の副作用が心配な方には、漢方を処方しています。西洋薬と組み合わせることもできるため、患者さんの希望と症状に合わせた治療が可能です。

安全で正しい治療のための診療体制。医師と専門職の総合力でサポートする

― 治療においてはどのような特色がありますか?

正しい診断に基づいて安全に治療を行うために、必要な検査を院内で実施しています。例えば血液検査では、うつ病と症状が似ている他の疾患との鑑別が可能です。服薬が必要な場合は、肝機能や腎機能を確認。副作用のモニタリングのための心電図検査も行っています。さらに医師をはじめ、心理士や精神保健福祉士、看護師など専門職のスタッフが全員で患者さんをサポートできることも治療における特色です。カウンセリングや心理療法、薬物療法、社会資源(制度や施設、機関など)を活用するための支援など、幅広く対応しています。

― 診療の流れを教えてください。

まずは問診票に記入いただいた内容をもとに、専門職スタッフがお話を聞きします。その後、医師が診察を行い、治療法を提案するのが一般的な流れです。医師以外のスタッフとお話をしていただく理由は、大きく二つあります。一つは、話し忘れを無くすこと。だれでも一度で言いたいことをすべて伝えるのは難しいものです。医師に話す前に他のスタッフに話すことで、ご自身の悩みを整理することができます。二つ目は、異なる視点から患者さんを診るためです。医師と専門職がそれぞれの立場で話を聞いて、患者さんの状態をより深く観察し、適切な治療の提案につなげています。

― アフターフォローはありますか?

治療の継続には、フォローが欠かせません。当院では初診から3日後にメールでアンケートをお送りし、お薬や経過の確認、医師との相性をお聞きしています。直接は言いづらいことでも、アンケートなら伝えやすいという方が多くいらっしゃるため、この形をとるようになりました。

― 最後にメッセージをお願いします。

早い段階で来院していただければ、その分だけ治療の選択肢も多く、早い改善が見込めます。のどのつまり感がある、不調が続いている、仕事のパフォーマンスが上がらないなど、少しでもおかしいと感じたら、ひとりで悩まずに相談に来てください。スタッフ全員が力を合わせて、一人ひとりに合ったサポートをさせていただきます。

週7日診察、女性医師在籍、相性の良い医師と出会える心療内科

ひだまりこころクリニック

場所
愛知県あま市甚目寺五位田156 MAP
電話
052-441-0800
診察領域
精神科、心療内科
専門医
精神科専門医
専門外来
児童・思春期専門外来

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE