さわだ眼科・皮膚科 澤田 憲治院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
脳外科領域や
病院勤務の経験も生かして
満足度の高い医療を届ける

街の頼れるドクターたちvol.046

さわだ眼科・皮膚科
  • 澤田 憲治院長
88 views
JR神戸線「芦屋」駅から徒歩14分。閑静な住宅街の一角に、「さわだ眼科・皮膚科」はある。澤田憲治院長は、脳神経外科医から眼科医へと転身した異色のキャリアの持ち主だ。2004年に眼科医としてのキャリアをスタートさせ、開業前には兵庫県内有数の治療実績を誇る、あさぎり病院に勤務。白内障、緑内障、網膜硝子体疾患、眼瞼下垂など、眼科におけるほぼすべての領域の治療に携わってきた。大学病院と同等レベルでありながら、患者さんと近い距離で満足度の高い医療の提供を目指す澤田院長へ、同院の白内障手術と緑内障手術、さらに4月から開始した治療「オルソケラトロジー」についてお話を伺った。(取材日 2020年6月23日)

救急医時代の経験をきっかけに眼科医へ転身。満足度の高い医療を目指す

―脳神経外科医から眼科医へ転身したきっかけをお聞かせください。

眼科医への転身を考えるようになったきっかけは、救急医時代、ある緊急手術に携わったことです。重症頭部外傷の患者さんでしたが、その場での対応が難しかったため、隣接する関連病院へ運びました。上級医師は、すぐに視神経管骨折と診断。頭部外傷に伴い視神経管を骨折して、神経損傷を起こしていたのです。そのとき目にしたあざやかな手術には、感銘を受けましたね。もともと脳外科領域は眼科領域と重なるところがあるのですが、脳外科と眼科のはざまにある症例を目の当たりにしたことで、眼科を意識するようになりました。

―開業にあたって実現したかったことは何でしょうか?

「満足度の高い医療」ですね。眼科医の場合、クリニックでも病院に引けを取らない治療を行うことが可能です。自身の求める医療レベルは落とさず、クリニックならではの患者さんに寄り添った診療で、満足していただける医療を実現したいと思っています。
眼科医への転身を決意したときに私の中で芽生えたのは、マイクロ顕微鏡を用いた手術で患者さんに満足いただき、喜びを共有したいという想いでした。兵庫県内で症例数トップクラスの病院で技術を磨き、緑内障手術や網膜硝子体手術など数多くの症例に携わった経験をもとに、より高い満足を目指して日々の診療に取り組んでいます。

―診察や手術で大切にしていることはありますか?

検査データや眼の状態を患者さんと共有する際に、分かりやすく伝えることです。そのためにも診察では、患者さんの疑問や要望をしっかりと受け止めることを心がけています。
特に手術は患者さんにとって大きなストレスです。不安や疑問を取り除き、納得して手術を受けていただけるよう、限られた時間の中でも可能な限り説明を尽くしています。

12
脳外科領域や病院勤務の経験も生かして満足度の高い医療を届ける

さわだ眼科・皮膚科

場所
兵庫県芦屋市岩園町7−25 MAP
電話
0797-25-2286
診察領域
皮膚科、眼科
専門医
皮膚科専門医、眼科専門医
専門外来
緑内障専門外来

新着インタビュー

MORE