三軒茶屋駅前おなかクリニック 三谷 年史 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
忙しい社会人でも
大病院レベルの内視鏡検査が
受けられるように

街の頼れるドクターたちvol.036

三軒茶屋駅前おなかクリニック
  • 三谷 年史 院長
1,325 views

カギは早期発見・早期治療。内視鏡検査は予防医療、健康長寿の要

― 数多くの検査・手術を積み重ねてこられたことは、大きな強みといえますね。

そうですね。これまでに胃カメラを約2万件、大腸カメラを約8千件、内視鏡的粘膜下層剥離術(内視鏡手術)を1000件以上経験してきました。場数を踏めば踏むほど、まれな疾患や非典型的な症例を発見し、対応する可能性は広がりますし、患者さまお一人おひとりの内臓の大きさや長さ、形の違いに合わせて、負担をかけることなく内視鏡を挿入するテクニックも向上します。初めての方も安心して来院いただければと思います。

― 今後はどのようなクリニックにしていきたいですか。

ずっと臨床に携わっていたいという思いで開院を志したこともあり、何よりも、患者さまにご満足いただき、笑顔で帰っていただくことが一番だと思っています。そのためにも、私が20年以上にわたって大規模な病院で提供してきたのと同じレベルの医療サービスを気軽に受けられるようなクリニックにしていきたい。その一環として、大病院にも見劣りしない最新鋭の高性能な検査機器を導入したほか、内装や動線の設計に関しても徹底的にこだわりました。例えば、内視鏡検査を受けた患者さまがスムーズにリカバリー室に移動できるよう、検査室とリカバリー室を隣り合わせにするとともに、ストレッチャーが通れるように引き戸の幅を数センチ単位で広げてもらうなど、患者さまになるべくご負担をかけずに済むような工夫をしています。

― 最後に、読者へメッセージをお願いします。

健康長寿の一番のカギは、早期発見・早期治療。これに尽きます。胃がんの9割はピロリ菌の検出と除菌によって予防できるといわれていますし、大腸がんに関しても、できるだけ早い段階でポリープを発見し切除したほうが、大腸がんの発生率の低下、長期予後や生命予後も良好になるというデータがあります。大腸がんは乳がんと並び、遺伝性が強いことが知られていますから、血縁者にがんになった人がいる方には、定期的に検診に来られることをおすすめしています。どんなに些細なものでも構いませんので、悩み事や心配事があればお気軽にご相談ください。

12
忙しい社会人でも大病院レベルの内視鏡検査が受けられるように

三軒茶屋駅前おなかクリニック

場所
東京都世田谷区三軒茶屋1丁目 37-2 三茶ビル 4階 MAP
電話
03-3421-7149
診察領域
内科、消化器内科、内視鏡、予防接種、健康診断
専門医
総合内科専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医

新着インタビュー

MORE