木戸 みみ・はな・のど クリニック 木戸 茉莉子院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
ここに来てよかった。
心からの満足を
届けることが理想の医療

街の頼れるドクターたちvol.006

木戸 みみ・はな・のど クリニック
  • 木戸 茉莉子院長
1,292 views
JR住吉駅から徒歩5分。駅前に広がる住宅街の入口、クリニックが集まるビルの3階に居を構えるのが、「木戸 みみ・はな・のど クリニック」だ。玄関ドアを開けると目に飛び込んでくるのが、木のぬくもりを感じる広々とした待合室。一瞬、病院であることを忘れてしまうほど、穏やかな時間が流れている。木戸茉莉子(まりこ)院長は20年以上のキャリアをもつ耳鼻咽喉科専門医。2016年の開業以来、医療の質とホスピタリティの両面から、患者様が「また来たい」と思う医療の提供を目指して病院づくりに取り組んでいる。地域の患者さんから信頼を集める木戸院長に、治療や病院づくりへの想いについて話を伺った。(取材日 2018年7月4日)

高度な医療と高いホスピタリティ。患者様のために、理想を追い求める

―なぜ、医師を志されたのですか?

子供のころから「医師=人の役に立てる仕事」というイメージをもっていましたが、大きくなるにつれて医師になることを具体的に考えるようになりました。耳鼻咽喉科の道へ進むことを決めたのは、医学部5年生のとき。さまざまな診療科で臨床実習を行うなかで、耳鼻咽喉科であれば年齢や性別に関係なく、すべての患者様を治療することができると思ったからです。
もうひとつの理由は、耳鼻咽喉科(頭頸部外科)で行う手術に惹かれたから。顕微鏡を使った細微な手術から、移植を伴うダイナミックな手術まで、その幅広さに魅力を感じました。

―開業を決意された理由を教えてください。

勤務医時代は医療機器や診療体制を自由に変えることができず、もどかしさを感じていました。私が理想とするのは、「ここで診察を受けてよかった」「また来たい」と患者様に思っていただけるような病院。しかしそれは、よい治療を提供するだけでは決して実現できないと常々感じていたのです。理想を具現化するには自分で病院を作るしかない。そう思い至り、開業を決意しました。
耳鼻咽喉科は人間の五感のうち、3つの感覚を扱う科です。医療の質はもちろんですが、空間の心地よさや、その場にいるスタッフの対応も大切になります。病院の玄関を入ってから治療を受けて帰るまでの体験を通して満足を感じていただけるよう、開業の際には内装やスタッフの教育にも心をくばりました。

―実際に開業されていかがでしょうか?

地域のみなさんから「治ってよかった」「ここに来てよかった」というお声を聞けることが、何よりありがたいですね。よいクリニックを作るために、スタッフのみんなが試行錯誤を重ねてくれているおかげだと思っています。開業前に思い描いていたことをすぐに形にすることは簡単ではありませんが、クリニックの全員がひとつになって、私たちの思いを患者様へお届けしていきたいと思っています。

12
ここに来てよかった。心からの満足を届けることが理想の医療

木戸 みみ・はな・のど クリニック

場所
兵庫県神戸市東灘区住吉東町4丁目7−27 ラファエラ浅野ビル3F MAP
電話
078-262-1133
診察領域
耳鼻咽喉科、レーザー治療
専門医
耳鼻咽喉科専門医
専門外来
補聴器専門外来

新着インタビュー

MORE