紀尾井町クリニック 東京本院 中島 陽太 医長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.114

形成外科

「自毛植毛」による薄毛治療。その可能性と専門院のこだわり
「自毛植毛」による薄毛治療。その可能性と専門院のこだわり
紀尾井町クリニック 東京本院
  • 中島 陽太 医長
1,219 views
「自毛植毛は、患者さまのお悩みを解決し、笑顔にできる治療法です。施術を受けた患者さまがニコニコしている姿を見られたとき、『すごく良くなった』『ありがとうございました』というお言葉を頂戴したときは、本当に嬉しいですね」。そう語るのは、東京・紀尾井町に拠点を構える薄毛治療の総合クリニック「紀尾井町クリニック」の医長である中島陽太先生だ。中島先生は日本泌尿器科学会泌尿器科専門医。大学病院で前立腺がん、前立腺肥大症、男性ホルモンに関連する疾患の診療を手掛ける中で、男性ホルモン型脱毛症(AGA)と、その治療法である自毛植毛に辿り着いた。自毛植毛の特徴や具体的な治療法、メリット・デメリットについて伺った。(取材日 2023年9月21日)

2つの自毛植毛術。選択の基準は、生涯で採取可能なドナー株の総数

― そもそも薄毛という症状はどのような原因で現れるのでしょうか。

円形脱毛症や抜毛症、内分泌疾患や膠原病、抗がん剤治療の影響など、様々な原因で起こりますが、成年男性で最も多いのは、「AGA(Androgenetic Alopecia:男性ホルモン型脱毛症)」ですね。AGAは、額の生え際や頭頂部が薄くなっていく進行性の脱毛症です。その発症メカニズムを簡単に申し上げますと、「テストステロン」という男性ホルモンが、“悪玉の男性ホルモン”と呼ばれる「ジヒドロテストステロン」に変換され、毛根の毛母細胞に作用。その結果、髪の毛が自然に生えて成長し抜ける、というサイクルがどんどん短くなっていきます。一般的に髪の毛は2〜7年かけて成長し生え変わっていくのですが、AGAを発症すると、このサイクルがだんだんと短くなってきて、髪の毛が成長しきる前に、産毛のような状態で抜けてしまい、徐々に頭皮が目立つようになってきます。

― 自毛植毛の特徴について聞かせてください。

一言でいえば、AGAの影響を受けにくい後頭部の「毛包」と呼ばれる組織を取って、必要な場所に移植する治療法です。初期の治療法は、後頭部の頭皮を大きく切り取りそのまま別の場所に移植するという手法だったので、不自然なものでした。20世紀後半になって、切り取った頭皮から毛包を毛根単位に切り分け、一本ずつ植えていくノウハウが確立されたことで、自然な見た目を実現できるようになりました。髪の毛を生やしたいところにピンポイントで植える、「カスタマイズ性」を活かせるようになったことは大きいですね。

― 自毛植毛には、どのような種類があるのでしょうか。

当院では大きく2種類の治療法があり、後頭部の頭皮をメスで切り取り、拡大鏡を使いながら細かく切り分けて作ったドナー株を植え付ける「FUT(Follicular Unit Transplantation)」、パンチと呼ばれる器具を使って後頭部の頭皮から毛根をくり抜いて、ドナー株を採取し、それを植え付ける「FUE(Follicular Unit Extraction)」があります。「メスで切る/パンチでくり抜く」という点に注目が集まりがちですが、両者の大きな違いは、一生涯で採取できるドナー株の総数の違いです。FUEに関しては、およそ2,000〜3,000株。一方FUTに関しては、およそ5,000〜7,000株を採取可能です。AGAは加齢とともに進行していきますので、ご希望の規模や将来を考慮した上で医師と相談して計画していくと良いでしょう。

患者さまのご満足を追求。初回のカウンセリングからドクターが伴走

― 自毛植毛のメリットについて聞かせてください。

自毛植毛は、AGAの起こりにくい後頭部からドナーを取り、それをご希望の場所に移植します。そして移植した後も元々の毛根の性質が受け継がれることから、移植した毛はAGAが起こりにくい、言ってみれば「強い髪の毛」として生えてきます。
移植毛が生え揃うまでは術後1年程度の時間がかかりますが、生え揃ってしまえば特別なケアやメンテナンスが必要なく、洗髪や髪の染色、パーマなどの制限もありません。

― 自毛植毛のデメリット、副作用について聞かせてください。

代表的なデメリットとしては、毛根を採取した箇所の傷痕が挙げられます。FUTであれば後頭部を水平方向に走る細い線状の縫合痕、FUEであれば米粒大の痕がくり抜いた数の分だけ残りますが、いずれもある程度の髪の長さがあれば、外から見て目立つことはありません。
手術自体の副作用については、体質や諸条件により個人差はございますが、痛み、吐き気、腫れ、一時的な脱毛(ショック・ロス)等の可能性があります。
医師との相談の際に、メリット・デメリット、副作用等に関する詳細説明を受け、十分にご理解された上で手術に臨んでいただくようご留意下さい。

― 中島先生が特にこだわっている点はありますか。

カウンセリングを丁寧に行うことですね。少なくとも1時間、ときには2時間以上かけてカウンセリングを行い、自毛植毛とは何かといった基本的なところから、FUTやFUEのメリットやデメリットをしっかりとご説明するとともに、患者さまが求めていらっしゃるものやご希望のデザインを伺っていきます。
自毛植毛において何よりも大切なのは、患者さまご本人に満足していただくことです。最初のカウンセリングから手術まで、可能な限り一貫して自分で担当するようにしています。当クリニックでは、1998年の開院から蓄積されたノウハウを常に共有して、患者さまの立場に立った相談・診察・治療を心掛けております。

自由診療の費用(目安)

◎手術費:22万円(税込)
◎治療費:FUT 1株660円(税込) / FUE 1株990円(税込)

ドクターからのメッセージ
  • 中島 陽太 医長

性別や年齢に関わらず、髪や体毛に関する悩みを周囲になかなか相談できずコンプレックスとして抱え込んでいらっしゃる方、また周囲から理解されずに「大丈夫だよ」と言われるがモヤモヤしている、という方は少なくないと思います。そのような方々に「自毛植毛」という治療選択肢があることを知っていただきたいと思います。当クリニックでカウンセリングを受けていただくだけでも気が楽になるかもしれません。ぜひ、お気軽にご相談ください。

「自毛植毛」による薄毛治療。その可能性と専門院のこだわり
「自毛植毛」による薄毛治療。その可能性と専門院のこだわり

紀尾井町クリニック 東京本院 地図を見る

住所
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7F
電話番号
03-5215-5733
最寄駅
赤坂見附駅(永田町駅)、麹町駅、赤坂駅
アクセス
東京メトロ銀座線・丸の内線 「赤坂見附駅」 D出口 から 徒歩3分
東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅」 7番出口 から 徒歩3分
JR 「四ツ谷駅」 から 徒歩8分
駐車場
無料駐車場 無 
有料駐車場 有(ホテルニューオータニの地下駐車場をご利用ください。駐車券(通常1,000円/1時間)ですが、半額券をご用意しておりますので、お気軽にお申し出ください)
診察領域
形成外科、美容外科
専門医
外科専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医
専門外来
AGA(男性型脱毛症)専門外来