平和台駅前みやた歯科 宮田 知和 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.074

歯科

身体にやさしく、歯の寿命を伸ばすメタルフリー治療
身体にやさしく、歯の寿命を伸ばすメタルフリー治療
平和台駅前みやた歯科
  • 宮田 知和 院長
830 views
東京メトロ有楽町線・副都心線「平和台」駅から徒歩1分。「平和台駅前みやた歯科」では、虫歯治療に金属を使用しない、メタルフリー治療を行っている。健康な歯を削らない「MI(ミニマルインターベンション)」を治療方針に掲げる宮田知和院長は、長年メタルフリー治療に携わり、治療箇所に修復剤を直接詰める「ダイレクトボンディング」に定評がある歯科医師だ。自身が受けたメタルフリー治療でその良さを実感して以来、“歯にやさしく、患者さんが喜んでくれる治療”を追求。虫歯の削り方や研磨方法にも独自のノウハウを取り入れている。そんな宮田院長へ同院のメタルフリー治療と、重度の虫歯に対する根管治療について伺った。(取材日 2022年4月26日)

メタルフリーで白い歯へ。「ダイレクトボンディング」なら即日修復も可能

― メタルフリーの治療とは、どのような治療ですか?

“メタルフリー”の言葉通り、銀歯などの金属を使わない治療のことです。金属のように溶け出すことや虫歯の再発の心配が少ないことから、身体にやさしい治療といわれています。
近年の歯科治療では、歯をできるだけ削らない「MI(Minimal Intervention/ミニマルインターベンション)」という考え方が浸透し、最大限に歯を残す治療法が主流となってきています。歯の削る量を最小限に抑えられるメタルフリー治療は、その流れに則しており、歯の寿命を伸ばすことにも貢献できる治療です。
中でも、ペースト状の修復材を歯に直接充填する「ダイレクトボンディング」は、虫歯除去後すぐに修復が可能な治療法。型取りと詰め物などの製作が不要なため、仮詰めの間に感染リスクにさらされることもありません。また少ない通院回数で治療を終えられるなど、メリットの多い治療といえます。

― どのような方に推奨される治療ですか?

金属アレルギーが心配な方や、異なる金属の詰め物や被せ物が上下の歯にあり、その噛み合わせによる不快感や違和感がある方にメタルフリー治療をお勧めしています。
また過去に保険診療で行った白い被せ物の着色が気になってきた方は、自費診療で白くすることが可能です。すべてが自費診療となるわけではないため、費用面が心配で躊躇している方も相談に来ていただきたいですね。

― メタルフリー治療に使われる素材について教えてください。

素材は、保険診療と自費診療で変わります。
保険診療で使用するのは2種類です。白い被せ物の「CAD/CAM冠(キャドカムカン)」は、従来の保険診療で使用していた素材よりも強度や耐久性が強化された“ハイブリッドレジン”。修復材を直接詰める「ダイレクトボンディング」では、合成樹脂にセラミックの粉末などを混ぜた“コンポジットレジン”を用います。
自費診療は、素材の種類が豊富です。審美性が高く、前歯など目立つ箇所の治療に適した「オールセラミック」。人工ダイヤモンドともいわれる、硬さが特長の「オールジルコニア」。両者の特性を兼ね備えた「ジルコニアセラミック」。その他にもさまざまな素材を用意しています。
治療箇所や歯の状態、費用なども踏まえて使い分けを提案しますので、ご希望に合わせて選んでいただけますよ。

― ダイレクトボンディング治療が得意だとお聞きしました。

この治療に携わるようになって10年になります。師事した先生がメタルフリー治療を推進されていたため、勤務医1年目からダイレクトボンディングを行って来ました。メタルフリー治療がまだ世の中に知られていない頃から経験を積み、技術を磨いてきた私にとって、ダイレクトボンディングは非常に馴染み深い治療です。

12
身体にやさしく、歯の寿命を伸ばすメタルフリー治療

平和台駅前みやた歯科

場所
東京都練馬区平和台4丁目24−8 ラ・フォンテーヌ・デュ・ボナールⅠ MAP
電話
03-6906-5155
診察領域
歯科、矯正歯科、歯周病科、小児歯科、歯科口腔外科、インプラント、ホワイトニング

新着インタビュー

MORE