TCB東京中央美容外科 六本木院 鎌田 紀美子 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.057

美容外科

ベースを美しく。輪郭形成による理想の小顔実現、たるみ改善
ベースを美しく。輪郭形成による理想の小顔実現、たるみ改善
TCB東京中央美容外科 六本木院
  • 鎌田 紀美子 院長
2,736 views
「施術後のお顔のイメージはもとより、患者様が施術後に抱くであろう感想についても、オーダーメイドのカウンセリングと経験値で大体予想はつくものなんです」。そう語るのは、「TCB東京中央美容外科 六本木院」の鎌田紀美子院長だ。フェイスラインは、目や鼻といった個々のパーツ以上に印象を大きく左右する、顔の土台(ベース)である。トータルビューティーの分野で豊富な経験を積んできた鎌田先生は、輪郭形成の症例数でも圧倒的な実績を誇る。今回のインタビューでは輪郭形成の特徴や、糸リフト、HIFU(ハイフ)をはじめとする代表的な術式、施術の際に特に心掛けていることなどについて伺った。(取材日 2021年8月24日 ※取材当時 TCB東京中央美容外科 八王子院 院長)

フェイスラインはお顔の土台。輪郭形成の特徴と代表的な術式

― 輪郭形成とはどのような施術方法なのでしょうか。

一言で申し上げますと、お顔の土台、つまりベースを綺麗に整える施術方法です。目や鼻などのパーツを気にされる方は多いのですが、私の経験上、ベースを綺麗にした方が美人度はグッと上がるんです。しかも、もともと丸顔だった人が卵型の輪郭になったとしても「痩せたね」と言われる程度で、整形手術を受けたとはまず思われないので、輪郭形成には、「大きな効果が望め、バレにくい」というメリットがあります。最近は老若男女を問わず輪郭形成に興味をお持ちの患者様が増えてきましたが、若年層では小顔効果、中高年ではたるみ改善を目的とされる方が多い印象です。

― 代表的な術式について聞かせてください。

とげ状の引っ掛かりのついた特殊な糸を真皮の下に挿入し、たるみやシワをなくしリフトアップする「糸リフト」、超音波の熱エネルギーを皮膚深層部にピンポイントで照射して引き締める「HIFU(ハイフ)」、頬の内側の脂肪を取り除く「バッカルファット除去」などがあります。張っているエラにボトックスを注入したり、小さい顎へヒアルロン酸を注入したりして、シャープな輪郭をつくることもありますね。術式の選択に関しては、患者様の理想に近づけるよう、骨格や皮膚の厚さ、筋肉や脂肪のつき方などを総合的に考慮して決めていきます。

― 糸リフトについて、もう少し詳しく教えてください。

一般的には局所麻酔を施した後に、とげ状の引っ掛かりのついた特殊な糸をこめかみから頬の方向に何本か挿入して皮膚をリフトアップするのですが、私は顎下からこめかみ方向に糸を挿入する方式を採用することが多いです。この方式ですと、フェイスラインを“点”で吊り上げるのではなく、“面”で引っ張り上げることができるので、リフトアップの効果も大きく、持続性も高いです。ただし、力加減や挿入方向を誤るとヨレができやすく、大きな腫れを伴ったり、左右差が出たりすることもあるので、高度な技術力が求められる術式でもあります。

― リフトアップ効果の持続性については、どう考えればいいでしょうか。

基本的には年に一度のメンテナンスをおすすめしていますが、患者様によって個人差があります。指でフェイスラインを引き上げてみて「顔の印象が随分違うな」と思ったらメンテナンス時期の目安です。ちなみに、糸リフトでしばしば使用される“溶ける糸”は、時間の経過とともにリフトアップ効果も弱まっていきますが、この“リセットできる”という点がメリットであるとも言えます。なぜなら、その時々の患者様の状況において最適な施術を受けていただくことが大切だと考えているからです。

グイッと引っ張り上げる「糸リフト」と、ギュッと引き締める「HIFU」

― 糸リフトとHIFUのどちらを選べばよいのでしょうか。

糸リフトが皮膚や筋肉を“グイッと引っ張り上げる”あるいは“グッと引き上げる”のに対して、HIFU(ハイフ)は熱によって皮膚深層部を“ギュッと引き締める”施術方法です。糸リフトは術後に腫れや内出血等を伴うこともありますが、1〜2週間程度で落ち着き、術後約1か月で完全になじむイメージです。HIFUに関しては、施術後に筋肉痛のような痛みを感じる方も極稀にいらっしゃいますが、ダウンタイムはほぼありません。手術室の空き状況にもよりますが、いずれの術式もカウンセリングの当日に受けられます。また、メイクは基本的に当日から可能です。糸リフトのダウンタイムを懸念してHIFUを選択される方もいらっしゃいますが、糸リフトで土台を引き上げ、たるみを取ってから、HIFUによって引き締めるのが最も効果的だと思います。

― 施術で特に心掛けていること、美容外科医としてのやりがいは何でしょう。

患者様と治療後のイメージを丁寧にすり合わせ、認識のズレをできるだけなくすことです。「たるみを少し引き上げたい」と来院される方がいらっしゃるのですが、この「少し」の加減が非常に難しいんです。私が最初に思い描いたイメージと、患者様のイメージの間にギャップがあることも珍しくないからです。また、術後の腫れや赤みについても症例写真を使って説明するのですが、患者様に自分事として捉えていただくことを大切にしています。このような具体的なイメージを十分に共有できているかどうかを小まめに確認しながら、カウンセリングをした上で施術を行っていきます。
やりがいを感じるのは、「人生が変わりました」という最高のお褒めの言葉を、患者様から頂戴した時ですね。術後1週間後と1か月後を目処に検診にいらしていただくのですが、コンプレックスが解消したことで、服装やメイクといった外見はもとより、内面、生活そのものが180度変わったという方もいらっしゃいます。輪郭形成の施術を行うことで性別、年齢を問わず、人生は変えられるものなのだと感じています。

ドクターからのメッセージ鎌田 紀美子 院長

輪郭形成の症例数に関しては圧倒的な実績があり、提案力と患者様への思いについても、誰よりも強いものを持っていると自負しております。毎朝、鏡を見て自然と笑みが溢れるように、昨日よりも今日が幸せなあなたであるように、お手伝いできる美容外科医でありたい。まずは、カウンセリングだけでもお越しいただき、お話をじっくり聞かせてください。ご来院を心よりお待ちしています。

ベースを美しく。輪郭形成による理想の小顔実現、たるみ改善
ベースを美しく。輪郭形成による理想の小顔実現、たるみ改善

TCB東京中央美容外科 六本木院

場所
東京都港区六本木5-1-3 ゴトウビルディング1st 8F MAP
電話
0120-569-423
診察領域
美容外科、美容皮膚科

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE