ブレインクリニック東京 坂 達典副院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.27

精神科

デジタル脳波の時代の検査・治療法〜QEEG検査とTMS治療〜
デジタル脳波の時代の検査・治療法〜QEEG検査とTMS治療〜
ブレインクリニック東京
  • 坂 達典副院長
2,296 views
東京メトロ銀座線・東西線、都営地下鉄浅草線「日本橋駅」から徒歩2分、東京駅八重洲口から徒歩3分の好立地に「ブレインクリニック東京」はある。同院は、問診だけで終わりがちな精神科医療において、人工知能などを活用し、客観的な診断・評価を追求。脳波の状態を可視化する「QEEG(定量的脳波)検査」、脳の神経に直接アプローチする「TMS(経頭蓋磁気刺激)治療」を導入し、最新の診断・治療法を実践している。「QEEG検査」および「TMS治療」の特徴や期待される効果、薬物療法との違いなどについて、坂達典副院長に聞いた。(取材日 2020年3月24日)

最新の手法で発達障害グレーゾーンの患者さまを診断・治療

―まずは、「ブレインクリニック東京」の特徴について聞かせてください。

当院は、アスペルガー症候群やADHDなど、発達障害を専門に診療しているクリニックです。大きな特徴として挙げられるのは、発達障害の特性がありながら正式な診断には至らない“グレーゾーン”の患者さまが抱えるお困りごとや生きづらさ、それを最新の手法によって診断・治療している点です。その一環として、脳の状態を目で見てわかるようにする「QEEG(定量的脳波)検査」や、既存の薬物療法とは異なり脳の神経に直接アプローチする「TMS(経頭蓋磁気刺激)治療」を導入しているんですね。

―QEEG検査とは、どのような検査法なのでしょうか?

一言でいえば、脳波の状態を可視化する検査法です。まずは19個の電極がついたキャップを被っていただき、アルファ波やベータ波、シータ波、デルタ波など、周波数ごとの脳波を測定します。こうして得られたデータを、ディープラーニング(深層学習)を用いた人工知能によって解析し、脳の状態を統計学的に把握することにより、グレーゾーンの患者さまのさまざまな症状を客観的に診断できるんです。また、QEEG検査は、TMS治療の際に刺激すべき部位を正確に突き止めるための指標にもなります。

―TMS治療について聞かせてください。

TMS治療は、「8の字コイル」という特殊な刺激コイルを使って、頭の外側から大脳を局所的に刺激する治療法です。「8の字コイル」を頭にかざして電流を流すと、「MRI(磁気共鳴画像診断装置)」の3分の1から2分の1程度の強い磁場が生まれ、大脳皮質内に微弱な渦電流が発生します。これによって皮質脊髄ニューロンを刺激して、脳の神経の活動を活性化したり、抑制したりすることで、さまざまな症状を改善していく――これがTMS治療の一連の流れです。ちなみに、電流を流すといっても強い刺激を伴うわけではありません。輪ゴムで弾かれている感じとか、ピンポン玉をコツコツ当てられている感じといわれますが、いずれにしても痛くて治療を継続できないという人はほとんどいませんね。

―TMS治療はどのような効果を発揮するのでしょうか?

集中力や短期記憶(ワーキングメモリ)の改善、切り替えまでの早さの改善、ネガティブな事象に対する落ち込みの度合いの改善、こだわりの改善、緊張不安のコントロール、対人過敏や気分変動性の改善、怒りなどへの衝動性コントロールに対して効果を発揮します。ただし、単にTMS機器を用いて脳の神経を刺激すればよいというわけではありません。刺激部位については、特許を取得したレーザーターゲット部位測定システムを活用してミリ単位で調整する必要がありますし、刺激の方法・パターンについても、患者さまお一人おひとりの脳の状態に最適な波長や周波数を見つけなくてはなりません。豊富な症例経験に裏打ちされた、非常な高度なスキルとノウハウが必要とされる治療法なのです。

12
デジタル脳波の時代の検査・治療法〜QEEG検査とTMS治療〜

ブレインクリニック東京

場所
東京都中央区日本橋2丁目2−2 マルヒロ日本橋ビル 5階 MAP
電話
03-6281-8855
診察領域
神経内科、精神科
専門医
総合内科専門医、腎臓専門医、透析専門医
専門外来
物忘れ専門外来(認知症外来)

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE