大宮エヴァグリーンクリニック 伊勢呂 哲也院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.026

泌尿器科

おしっこトラブルの原因を見極める、頻尿に対する診断的治療
おしっこトラブルの原因を見極める、頻尿に対する診断的治療
大宮エヴァグリーンクリニック
  • 伊勢呂 哲也院長
7,008 views
大宮駅から徒歩5分。埼玉県内を縦に貫く旧中山道沿いのビルの一角に、大宮エヴァグリーンクリニックがある。一般内科、消化器内科・胃腸科、泌尿器科、肛門科、外科を標榜し、さらに住民健診や企業健診、乳がん検診、人間ドックなども行うクリニックである。同クリニックが開院したのは、今から25年前。2019年からは伊勢呂哲也院長が引継ぎ、泌尿器科を新たに標榜することになった。一般的に「おしっこのトラブル」は年齢のせいだから、体質だからと、諦めてしまう傾向にあるという。人のQOLを低下させる頻尿とは何か、どのように原因を特定し、治療を進めていくのか、伊勢呂院長に話を聞いた。(取材日 2020年2月18日)

珍しいものではない頻尿。原因は一つではないので検査を受けてほしい

―頻尿とはどのようなものなのでしょうか?

頻尿は症状であり、病気ではありません。1日に何回もトイレに行く状態で、一般的には、日中の排尿回数が8回以上になると頻尿といえます。しかし、人によって1日の排尿回数はさまざまですから、排尿回数が8回以下でも、ご自身が「排尿回数が多い」と感じる場合は頻尿です。何回もトイレに行くのがつらい、仕事中にトイレに行けないなど、トイレに行くことを我慢してしまうと膀胱炎になることもあります。
原因はさまざまで、男性の場合は「前立腺肥大症」によるものが多くを占めています。前立腺の肥大が始まるのは50歳前後なので、やはり50歳代以上で頻尿になる方が多いですね。他にも前立腺がんが原因で頻尿になることもあります。一方、女性の場合は加齢と、過活動膀胱など神経因性膀胱によることが多いです。また、性別に関係なく尿路感染や炎症、尿管結石などが原因となることもあります。

―頻尿の治療が重要な理由を教えてください。

一言でいえば「QOLが下がるから」です。夜間頻尿がある方は、多い方では夜に8回、9回起きる方もいます。睡眠時に2回以上起きると眠りを妨げられて睡眠障害につながり、翌日の日中の活動にも影響が出ることでしょう。高齢者の方は夜間に起き出した際に転倒するリスクもあり、万が一、大腿骨を骨折すると寝たきりとなってしまいます。そんなことがあれば、QOLが下がるだけではなく、活動自体が減ってしまうのです。日中の頻尿だけであれば「トイレに行けばいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、日中でも排尿回数が増えればQOLは下がります。頻尿で困ることがあるならば、治療は行うべきなのです。

―どのような症状があれば、検査を受ける必要があるのでしょうか?

朝起きてから夜寝るまでの日中の排尿回数が8回以上ある方、あるいは夜間睡眠時の排尿回数が1回以上ある方は、一度検査を受けてみてください。排尿回数が気になってバス旅行に行くのがつらい、友達と会っている時にすぐトイレに行くのがつらいなど、日常生活上の困りごとは、QOLの低下につながります。
検査の結果、頻尿ではなかったとしても、「検査をして異常がなければ安心する」という方はたくさんいらっしゃいます。泌尿器科は受診したくないと思う方もおられると思いますが、当クリニックは他の診療科もあるので目立ちません。排尿のトラブルは恥ずかしい事ではありませんから、少しでも不安がある方は安心してご来院いただきたいです。

泌尿器科で行う頻尿の検査と治療。「診断的治療」の進め方について

―具体的な検査方法について教えてください。

泌尿器科で最初に行うのは、尿の中に細菌やがん細胞が含まれていないかを調べる尿検査です。結石やがんが頻尿の原因となっている場合もありますので、超音波検査を行うこともあります。また、最低でも2日間、排尿した時間と排尿量の記録を付けていただきます。これを排尿日誌といいますが、例えば1時間ごとに毎回300ccの排尿があれば、それは水分を摂り過ぎている可能性があります。逆に1時間ごとに排尿があるのに1回あたり50ccしか出ない方は、「膀胱におしっこが溜められない」ということです。この場合は、お薬による治療が必要となります。

―どのような治療法があるのでしょうか?

排尿日誌を付けていただいた結果、例えば夜間の排尿が多い方は寝る前の水分を控えるなど、生活習慣を少し変えるだけで排尿回数が改善することもあります。
しかし、頻尿の治療は基本的に、お薬による治療です。お薬にはいくつかの種類があり、飲んだその日から効果が期待できるものもありますし、4~5日してから効果が現れるものあります。多くの場合は1週間ほどで効果が出てきますが、なかなか効果が出ないような場合は、お薬を変更します。頻尿になる原因は一つではありませんから、薬を選びながら様子をみて、診断をより確実なものにしていきます。これが、「診断的治療」という考え方です。

―治療において心がけていることをお聞かせください。

やはり、患者さまとの信頼関係を築くことでしょうか。患者さまにご理解いただきたいこと、例えば尿検査や超音波検査を行う理由、排尿日誌を付けていただく意味など、詳しく説明するようにしています。お薬を処方するときも、「この薬が必ず効くとは限りませんが、効かない場合は薬を変えていきます」という話をします。これを最初にお伝えしておくと、患者さまも安心されるようです。

ドクターからのメッセージ伊勢呂 哲也院長

頻尿は症状であり、その原因となる病気はさまざまです。日常生活を送る上でQOLが下がっているならば、しっかりと治療してQOLの向上を目指していただきたいですね。頻尿になっている原因によっては、早期に治療した方が良いこともありますから、少しでも困っていることがあるなら早めの受診をおすすめします。頻尿に限らず、どのような検査や治療においても、それが必要となる理由を説明しますので、安心してご相談ください。

おしっこトラブルの原因を見極める、頻尿に対する診断的治療
おしっこトラブルの原因を見極める、頻尿に対する診断的治療

大宮エヴァグリーンクリニック

場所
埼玉県さいたま市大宮区下町2丁目16−1 アクロスビル 3F MAP
電話
048-647-3203
診察領域
内科、消化器内科、胃腸科 外科、肛門科 泌尿器科 性病科
専門医
消化器内視鏡専門医、泌尿器科専門医
専門外来
禁煙外来、睡眠時無呼吸症候群専門外来、胸やけ外来、AGA(男性型脱毛症)専門外来、前立腺専門外来、ED専門外来

新着インタビュー

MORE