OKP with Life クリニック 岡野 良知 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
「話を聞く」という専門性。医療も介護も駆使し患者と共に歩む

街の頼れるドクターたちvol.121 整形外科

OKP with Life クリニック
  • 岡野 良知 院長
439 views
さいたま市北区に、2023年開院した「OKP with Life クリニック」。整形外科を中心に、内科、リハビリテーション、介護事業を提供する同院は、「共に歩み続ける」クリニックを理念として、地域住民の人生に寄り添うために日々チャレンジを続ける。疾患や体の不調は、治癒に時間のかかるものや、生涯の付き合いとなってしまうものも少なくない。それらに悩み、不安を抱えた患者が、少しでも笑顔になれるように対話を重視する岡野良知院長は、「話を聞くことに当院の専門性がある」と語る。同院の特徴や心がけていることについて、岡野院長へお話を伺った。(取材日 2024年5月7日)

生涯付き合う症状があっても明るく過ごせるように、長くかかわりを続けたい

― クリニックの特徴を教えてください。

当院は、「共に生きる」という理念に基づいて、地域に密着した医療・介護事業を展開する「医療法人社団鴻愛会」を母体としております。埼玉県鴻巣市で介護事業からスタートした法人であり、医療と介護の壁を取り払ったシームレスな連携を通じて、不安や痛みを抱えるお一人お一人の想いに応えられる存在を目指しています。
OKP with Life クリニックは、その目標を医療で実現するために、“あなたの「人生」に寄り添い、「共に歩み続ける」クリニック”という理念を掲げ、2023年に開業しました。外来診療では整形外科・内科を標榜し、リハビリテーションにも対応。介護保険適用の通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションも提供しています。

― 「共に歩み続ける」クリニックとは、どのようなものでしょう。

医療を実施している以上、患者様の疾患が完治し、もう来院しなくて済むようになることが理想です。しかし疾患の中には治るのに時間がかかるもの、治りにくいものがあり、年齢の変化によって避けられないものもあるのが現実です。特に整形外科領域の変形性疾患などは、生涯その症状と付き合うことになるケースが多いです。
当院は、そのように困難な状況にある患者様の人生に寄り添い続けたいと考えています。もちろん疾患自体の完治を目指して治療することも大切ですが、何より患者様に少しでも元気になってほしい、というのが私たちの願いです。クリニックで私たちが関わることで、明るい気持ちになったり生活がしやすくなったりする。その関わりをできるだけ長く続けていく。それが私たちの考える「共に歩み続ける」クリニックです。

― その理念を実現するために、どのような診療をしていますか?

整形外科や内科など専門的に提供している診療科目はありますが、何より「話を聞く」ことに当院の専門性があると考えています。「とにかく話したい」という患者様も歓迎ですし、たとえ今は痛みがなくても、心配ごとや不安なことがあれば気軽に話していただきたいですね。
話を聞くための工夫の一例として、診察時には事務のスタッフがカルテの記載補助として同席しています。医師がお話を伺いながらカルテを作成していると、どうしても患者様に向き合うのが難しくなりますし、パソコンの画面ばかり見ていると冷たく感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。一方で私たちは、カルテ入力を専任スタッフに任せて、医師は患者様のお話を聞くのに専念するようにしています。
私の性格上、ついつい話が長くなってしまうこともありますが、「じっくりと声を聞かせてください」という姿勢を大切にしています。

目標は患者様の笑顔。予防から介護サービスまで様々な選択肢を提案

― どのような患者様に来院をお勧めしますか?

整形外科は、範囲が広い診察領域です。私の専門は脊椎ですがどの部分でも診ますし、受診を迷っておられるならとにかく一度いらしてください。
また、最近特に力を入れているのが、疾患になる前の「予防医学」です。骨粗しょう症対策など、症状が進んで骨折する前に患者様と関わることで、将来的に身体的・経済的な負担となる疾患を防ぎたいと考えています。市の骨粗しょう症検診の二次精密検査も受けていただけますし、ガイドラインで推奨された設備を整えております。病気になった後の治療だけでなく、病気になる前の予防も含めて、何でも相談していただける幅広い窓口として、皆さまのご来院をお待ちしています。

― 外来診療以外にも相談できることがあれば教えてください。

最初にお話したとおり介護保険事業にも携わっておりますので、介護サービスに関わることもご相談ください。保険診療の対象となる期間が限られる治療であっても、介護サービスに移行することで対応できるケースがあります。また、治療後に訪問リハビリテーションを利用し、動けるようになったら次は通所リハビリテーションに移行する、といった様々な選択肢をご提案することが可能です。
交通事故や労働災害によるケガにも対応しておりますので、遠慮なくいらしていただきたいですね。

― 最後に、患者様へのメッセージをお願いいたします。

患者様に笑顔になっていただくことが、スタッフ全員の大切な目標です。整形外科、内科を始め幅広く提案しますので、なんでもお気軽にご相談ください。

「話を聞く」という専門性。医療も介護も駆使し患者と共に歩む

OKP with Life クリニック 地図を見る

住所
埼玉県さいたま市北区櫛引町二丁目488番地1
電話番号
048-658-9380
最寄駅
鉄道博物館駅、日進駅
アクセス
【電車】
埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)「鉄道博物館駅」より 徒歩約15分
JR埼京線「日進駅」より 徒歩約16分
【バス】
大宮駅西口より 東武バス 西上尾車庫行櫛引(バス)下車 徒歩5分
大宮駅西口より 東武バス シティハイツ三橋行櫛引(バス)下車 徒歩5分
駐車場
無料駐車場 24台
診察領域
内科、消化器内科、リウマチ科、整形外科、リハビリテーション科、予防接種、在宅医療
専門医
リウマチ専門医、整形外科専門医
専門外来
腰痛(ヘルニアなど)専門外来、骨粗鬆症専門外来、膝関節専門外来、リウマチ専門外来