札幌こころとからだのクリニック 柏木 理絵 院長 横山 朗子 医師 | ドクターズインタビュー

メニュー
「こころ」と「からだ」に栄養を
~あなたをわかって元気にする~

街の頼れるドクターたちvol.105 心療内科

札幌こころとからだのクリニック
  • 柏木 理絵 院長 横山 朗子 医師
1,506 views
北海道・札幌駅から徒歩1分。精神科・心療内科「札幌こころとからだのクリニック」は、その名の通り、うつ病や睡眠障害、強迫性障害、パニック障害などの精神疾患に対し、「こころ」と「からだ」両面からのアプローチをコンセプトとするメンタルクリニックである。駅からのアクセス利便性の良さもあり、道内の各地域から幅広い世代の患者が来院しているとのこと。院長の柏木理絵先生、横山朗子先生は「これから社会に出て、未来を創り上げる働く世代の方々を力強くサポートしていきたい」と語る。クリニックの特徴や先生方の思いについて伺った。(取材日 2023年9月11日)

血液検査データをもとに、からだ・栄養の状態をきめ細かに把握する

― クリニックの特徴について聞かせてください。

柏木院長:当院は、うつ病をはじめとする精神疾患に対し、「こころ」と「からだ」の両面からアプローチすることをコンセプトに掲げたメンタルクリニックです。私は内科医として地域医療に従事した経験を経て、精神科医になりました。また、横山先生も消化器内科医としてのキャリアが長く、お互いにその経験を活かした診療を行っています。「こころ」の不調を訴えられる患者様の中に「からだ」の不調、疾患を抱えていらっしゃるケースがないかということや、「からだ」の不調に隠れた「こころ」の不調についても注視しながら診療を進め、お一人お一人に合ったオーダーメイドの治療を組み立てていくのです。
横山先生:具体的には、初診時に必ず採血を行い、「オーソモレキュラー栄養学」に基づいて血液検査データを詳細に解析し、からだの状態をきめ細かに把握するように心がけております。更に当院では自費にて詳細な「栄養解析」を受けていただくこともでき、不足している栄養素を分析した上で、栄養指導やサプリメントの処方等を実施しています。精神疾患を「脳の機能障害」と捉えて、ライフスタイルの改善により、からだを基礎から整えて治療をする、という発想です。

― なぜ、血液検査によってからだの状態を把握する必要があるのですか。

横山先生:「気分が晴れない」「倦怠感・疲労感が抜けない」といった症状を訴える患者様の中には、鉄や亜鉛が不足していて貧血状態になっているケースなど、栄養面に原因があることも少なくありません。栄養不足に伴う精神症状に関しては、抗うつ剤を使用するのではなく、食生活をはじめとするライフスタイルの改善によって対応することが重要です。もちろん、うつ病や双極性障害、強迫性障害、社交不安性障害といった疾患に対して薬物療法が必要なケースもありますが、こうした疾患を抱えながら栄養状態が良好という患者様は経験上ほとんどいません。症状のさらなる悪化や再発を防ぎ、減薬を進めるためにも、食生活を見直していく必要があります。そのためにも、まずは詳細な血液検査データを取り、からだや栄養の状態を知ることが大切なのです。

睡眠障害の認知行動療法、栄養点滴などでライフスタイル全般を改善

― 睡眠障害の治療に力を入れているのも、ライフスタイル改善の一環ですか。

柏木院長:そうですね。当クリニックでは、公認心理師及び臨床心理士の資格を保有し、専門のトレーニングを受けたカウンセラーによる不眠症の認知行動療法を受けることができます。認知行動療法では、睡眠や体内リズムに悪影響を与えている生活習慣や考え方、心配事に焦点を当て、それを見直していくことで質の高い睡眠を取り戻していきます。欧米では不眠症治療の第一選択肢として推奨されている治療ですが、日本では限られた医療機関でしか受けられません。薬剤の減量や調整をお考えの方、睡眠習慣の見直しが必要な方にぜひお勧めしたいです。

― 栄養点滴についてはいかがでしょう。

柏木院長:「なぜメンタルクリニックで点滴?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。プラセンタ注射や高濃度ビタミンCをはじめとする点滴療法に関しては、美白・美肌といった美容効果、疲労回復効果もさることながら、足りない栄養素を一気に補って、倦怠感を取り除くという点に主眼を置いています。患者様の中には、倦怠感、憂うつさ、だるさなどの不快な症状が、点滴療法によって改善して初めて「自分は倦怠感を感じていたんだ」と気付いた方もいらっしゃいます。どんなに不快な症状も長く続くと当たり前になり、改善しようという気も起こらなくなってしまうんですね。点滴療法でからだもこころも良好な状態を体感し、生活習慣を変えるきっかけを掴んでいただきたいです。

― 受診を検討されている方にメッセージをお願いします。

柏木院長:メンタルに不調を抱える患者様にとって、心療内科や精神科の門をくぐるのはハードルが高く、中にはある種のトラウマや落ち込みの原因になってしまう方もいるようです。私たちは患者様お一人お一人にしっかりと寄り添いながら、こころとからだの健康維持をサポートしたいと考えております。どうぞ安心してお越しください。
横山先生:当クリニックのスタッフ全員で考えたコンセプトの一つが、「あなたをわかって、元気にする」です。定期的な健康診断のように心身の状態をチェックし、「こころとからだのかかりつけ医」として、ライフスタイルの管理・改善のお役に立ちたいと考えております。

自由診療の費用(目安)

◎オーソモレキュラー療法 栄養解析:¥30,000
◎栄養点滴 プラセンタ注射:¥1,100~ / 高濃度ビタミンC 12.5g:¥8,000~ / オリジナル点滴:¥10,000 ほか

「こころ」と「からだ」に栄養を~あなたをわかって元気にする~

札幌こころとからだのクリニック 地図を見る

住所
北海道札幌市北区北7条西2丁目20 NCO札幌駅北口ビル3階
電話番号
011-747-6860
診察領域
精神科、心療内科
専門医
精神科専門医、消化器病専門医