西早稲田眼科 寺井 和都 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
眼科診療の
スペシャリストが考える、
「治療で重要なこと」とは

街の頼れるドクターたちvol.071

西早稲田眼科
  • 寺井 和都 院長
491 views
東京メトロ副都心線西早稲田駅2番出口から地上へ上がると、諏訪通りと明治通りが交わる交差点の前に出る。人や車の往来を見守るように佇む医療モールの2階に「西早稲田眼科」はある。2018年5月に開院した同院には、親に手を引かれてやってくる子どもからこの地域に長く住む高齢者まで、幅広い年齢層の患者が訪れるという。「新宿の曙橋に住んでいたこともありましたから、この地域にはご縁がありますね。」と、にこやかに語る寺井和都院長は、防衛医科大学校医学部を卒業後、京都府立医科大学や米国への留学では基礎研究に力を入れ、帰国後は診療経験を積み重ねてきた。寺井院長に開業までの経緯とクリニックの特徴について伺った。(取材日 2021年2月8日)

『ブラックジャック』が切り拓き、研修医時代の経験が導いた眼科医への道

― なぜ医師という職業を選ばれたのでしょうか。

小学生の時に読んだ『ブラックジャック』の影響です。幼心に芽生えた「医師になりたい!」という夢はその後も変わらず、迷うことなく医学部受験の道を選びました。
眼科医になろうと決断したのは、研修医時代に眼科の面白さを経験できたことが大きいですね。当時、眼科領域は研究も診療も急成長していて、治療法・疾患概念の進化を目の当たりにして、「なんて面白い診療科なんだ!」と心を惹かれました。今振り返っても、あれほどドラマチックな流れの中に身を置けたことは、とても貴重な体験だと思います。もともと研究に興味がありましたから、研修期間終了後はご縁のあった国内外の大学で主に前眼部の研究に従事、帰国後は大学勤務と個人クリニックでの勤務を経て現在に至ります。

― 西早稲田に開業された理由を教えてください。

通院しやすさなどの条件から開業する場所を探したところ、候補に挙がったのが西早稲田でした。
当院が入っているビルは、調剤薬局と診療科が異なる複数のクリニックがある、医療ビルと呼ばれる建物です。患者様にとっては「ここに来れば、全身のことを相談できる便利な場所」ともいえますね。東京メトロ副都心線西早稲田駅から徒歩1分、JR山手線・西武新宿線野高田馬場駅から徒歩8分の場所にあります。都営バスの停留所も近くにありますから、公共交通機関を使ってご来院いただきやすいと思います。
高齢者や車椅子・ベビーカーをご利用の方もご利用いただきやすいよう、バリアフリー設計が採用されています。周囲に眼科が少なく、土日も診療しているため、平日の通院が難しい方や、突発的なトラブルで緊急受診したい方が多くご来院されています。

12
眼科診療のスペシャリストが考える、「治療で重要なこと」とは

西早稲田眼科

場所
東京都新宿区高田馬場1丁目1−1 メトロシティ西早稲田2階 MAP
電話
03-6380-2466
診察領域
眼科
専門医
眼科専門医
専門外来
ドライアイ専門外来、緑内障専門外来

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE