あおと整形外科クリニック 青戸 寿之 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
整形外科専門医が伝えたい
「身体の痛み」の根本改善に
必要なこと

街の頼れるドクターたちvol.062

あおと整形外科クリニック
  • 青戸 寿之 院長
683 views
JR岐阜駅から徒歩20分。地域の基幹病院である岐阜市民病院から500mの距離にある、青と白のツートンが印象的な建物が「あおと整形外科クリニック」だ。スマートで清潔感ある院内には、明るく開放感のあるリハビリ室が併設。整形外科専門医である青戸寿之院長と理学療法士が、患者さん一人ひとりに合わせた治療とリハビリメニューを作成し、身体のつらい痛みの根本改善をサポートしている。2017年の開院以来「痛みを和らげる治療」「痛み・しびれの根本改善」に取り組む青戸院長に、ハイドロリリースを用いた具体的な治療法とリハビリテーションの重要性についてお話を伺った。(取材日 2020年11月21日)

身体のつらい痛みに悩んだときに、安心して相談できるクリニック

― クリニックの特徴を教えてください。

「整形外科」「リウマチ科」「リハビリテーション科」を診療科目として掲げており、整形外科専門医である私の診察と理学療法士によるリハビリテーションの両軸で、症状の根本改善に取り組んでいます。症例としては関節リウマチや交通事故の治療から、肩こり・腰痛、四十肩・五十肩、痛風など慢性的な痛みを発するものの根本改善が難しい症状まで対応。そのなかで近年特に力を入れているのが、ハイドロリリースによる「痛みを和らげる治療」です。
また院内に理学療法士5名が在籍するリハビリ室を設置。治療と連動して患者さんがリハビリテーションに取り組みやすい環境をつくるとともに、手術が必要な症例に関しては徒歩10分の距離にある岐阜市民病院と連携して治療にあたっています。

― 先生は岐阜市民病院の整形外科医だったそうですね。

出身は福島県立医科大学ですが、より先進的な治療の知識や技術を身につけたいと京都大学の整形外科に入局。そこから各地の基幹病院でキャリアを積み、最後に赴任したのが岐阜市民病院です。10年ほど在籍し、最終的に整形外科副部長とリハビリテーション科部長を兼任しました。

― 開業医となられたのはなぜですか?

岐阜市民病院もそうですが、地域の基幹病院では手術や難しい症例への対応が中心となります。しかし、クリニックで対応可能な「肩が痛い」「腰が痛い」などの症状で来院される患者さんも多いのが実状です。その体験から「基幹病院では対応が難しい症例の治療にあたり、患者さんに信頼していただけるクリニックがもっと地域に必要だ」と考えて当院を開業しました。

― 岐阜市民病院とのつながりは今も深いのでしょうか?

外科手術が必要なケースのほか、内科や脳神経外科の治療が必要な患者さんには岐阜市民病院を紹介することが多いですね。長年勤めていたので各診療科の先生方のことは互いによく知っています。当院のリハビリテーション科には、市民病院からの紹介で通っている患者さんも少なくありません。

12
整形外科専門医が伝えたい「身体の痛み」の根本改善に必要なこと

あおと整形外科クリニック

場所
岐阜県岐阜市島田東町41−1 MAP
電話
058-252-0220
診察領域
リウマチ科、整形外科、リハビリテーション科
専門医
整形外科専門医
専門外来
骨粗鬆症専門外来、リウマチ専門外来

新着インタビュー

MORE