医療法人社団勝榮会 いりたに内科クリニック 入谷 栄一 理事長 | ドクターズインタビュー

メニュー
専門医が複数在籍。
自分に合った主治医を
見つけられるクリニック

街の頼れるドクターたちvol.052

医療法人社団勝榮会 いりたに内科クリニック 
  • 入谷 栄一 理事長
777 views
東京メトロ丸ノ内線「方南町」駅3b出口のすぐ隣、環七通りの裏手にあるのが「いりたに内科クリニック」だ。一歩足を踏み入れると、白と茶色を基調にした落ち着いた空間が広がる。いりたに内科クリニックは、街中にあるクリニックでありながら呼吸器・消化器・循環器・アレルギー・皮膚科などを中心に10人もの専門医を抱え、風邪のような一般的な内科疾患のみならず、専門性の高さが求められる疾患にも対応できることを強みとしている。そのため、専門的な医療を求めて来院する患者も増えているという。入谷栄一理事長に、複数の専門医が在籍するメリットや、一般外来と訪問診療それぞれへの想いについてお話を伺った。(取材日 2020年7月14日)

関わるすべての人に「安心」と「幸せ」をお届けできる医療機関を目指したい

―いりたに内科クリニックのコンセプトを教えてください。

クリニックに関わる人すべての人に「安心」を届けることです。医療の場合、安全な医療を受けられることを意味すると思いますが、患者さんにとっての「安心」とは十人十色です。患者さんは、「お薬がほしい」「話をじっくり聞いてもらいたい」「待ち時間はいやだけどしっかり診てもらいたい」「しっかり検査をして欲しい」「大きな病院に紹介してもらいたい」など、さまざまな想いを持って来院されます。患者さんが何を期待しているのか、どうすれば安心していただけるのかを自問自答しながら、きちんと患者さんの想いに応えることを大事にしています。

―どのような患者さんが多いのでしょうか。

呼吸器系では長引く咳、消化器系では慢性的な便秘や胃腸のトラブル、循環器系では血圧不安定や睡眠時無呼吸症候群が多いです。当院は地域に根差した医療活動をしていることもあり、親子3世代、中には4世代で通っていただいている方も多いのが特徴です。また、当院では内科とは別に、呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・アレルギー科・皮膚科といった専門外来を設けているため、専門的な診療を求めて来院される方も増えてきました。

―患者さんと接するときに心がけていることは何でしょうか。

医師として病気を治療することは当たり前ですが、目の前の患者さんが元気になるまでのプロセスで、どのような治療をしてほしいのかを見極めることも大切にしています。同じような症状でも、患者さんが10人いれば治し方も10通りあるからです。たとえば、「あまり時間がないから薬だけほしい」という方であれば、心配なことがあるかどうかを伺い、医療的に問題がないかどうか判断した上でお薬を出します。「悩みを聞いてほしい」という方には、ひざをつき合わせてじっくりお話を聞きながら治療方針を立てることもあります。
患者さんはみんな、「健康になりたい」「辛い症状をとって欲しい」という共通の目的を持っています。その目的にどのようにたどり着きたいのかを全スタッフが意識し、しっかり把握するように心がけています。

12
専門医が複数在籍。自分に合った主治医を見つけられるクリニック

医療法人社団勝榮会 いりたに内科クリニック 

場所
東京都杉並区和泉4丁目51−6 MAP
電話
03-5305-5788
診察領域
内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、アレルギー科、皮膚科、予防接種、健康診断、在宅診療
専門医
総合内科専門医、呼吸器専門医、循環器専門医、消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医、皮膚科専門医、アレルギー専門医、がん治療認定医

新着インタビュー

MORE