足立慶友整形外科 中澤 拓也 理学療法士 | ドクターズインタビュー

メニュー
患者さんが
「また来たい」と思える
整形外科クリニック

街の頼れるドクターたちvol.047

足立慶友整形外科
  • 中澤 拓也 理学療法士
944 views
東武スカイツリーライン「五反野」駅から徒歩10分。どことなく昭和の趣が残る住宅街を歩いていった先に、突如として真新しいメディカルモールビルにたどり着く。その3階にあるのが足立慶友整形外科だ。地域の整形外科クリニックとしては珍しく、MRIやCT、リハビリを完備し、手や足などの専門外来を設けている。また、リハビリにサーキットトレーニングを取り入れていることも大きな特徴だ。同院で理学療法士として働く中澤拓也氏に、クリニックの特徴やサーキットトレーニングによるリハビリについてお話を伺った。(取材日 2020年7月9日)

CT・MRIなどの医療機器を完備した、地域の頼れるクリニック

― 足立慶友整形外科の特徴を教えてください。

地域にあるクリニックとしては珍しく、CT・MRI・エコーなど画像診断ができる機器を完備しているのが特徴です。まず外来で患者さんの症状を診て、手術が必要な方にはメディカルモール内に併設している足立慶友リハビリテーション病院で手術を行い、その後はまた外来でフォローする、という診療の連携体制がとられています。また、CT検査やMRI検査の予約が比較的取りやすく、スムーズに検査が受けられる点も患者さんからご好評をいただいていますね。
脊椎、股関節、膝関節、肩関節、手、足と様々な専門外来を設けている点も当院の特徴のひとつです。それぞれの部位で悩みを抱えている方から、「専門医に診てもらえるのは安心だ」というお声をたくさんいただいています。

― どのような症状で来院される患者さんが多いのでしょうか。

地域に根差したクリニックということで、日常的な首や腰、肩、ひざの痛みで来院される方が多いのですが、交通事故治療にも対応しています。最近は、インターネットで当院を知って、入院・手術加療や専門外来を求めて千葉県や東京都の多摩地域など遠方から来られる方も非常に増えてきました。
開院当初は足立区やその周辺からの患者さんが多かったのですが、インターネットでの情報発信に力を入れることで、患者さんの層が大きく広がってきたことを実感しています。

― 患者さんと接するときに心がけておられることはどんなことでしょうか。

患者さんが担当医と話せる時間はどうしても限られてしまうので、リハビリ担当として、カルテから先生の意図をくみ取ってフォローアップするようにつとめています。いろんな病院に行っても原因がわからず困っておられる患者さんも多いので、CTやMRIなどの画像でわかるものについては、「こういう状態だから、このような症状が出るんですよ」と丁寧に説明しています。
ただ、原因がわかりにくい症状や、むち打ち症のように画像に現れにくい症状も少なくありません。そのような時でも、まずは患者さんのお話を聞いて不安や苦しみに共感したうえで、理学療法評価をもとに医師と相談しながら症状の原因を突き止め、患者さんにご説明できるように心掛けています。

12
患者さんが「また来たい」と思える整形外科クリニック

足立慶友整形外科

場所
東京都足立区足立1丁目12−12 メディカルモール 3F MAP
電話
03-5845-8900
診察領域
整形外科、リハビリテーション科
専門医
整形外科専門医
専門外来
腰痛(ヘルニアなど)専門外来、膝関節専門外来、手の外科外来

新着インタビュー

MORE