医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック 今野 裕之 名誉院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
カギは生活習慣。
理想的な心身状態 を目指す
オーダーメイドの治療

街の頼れるドクターたちvol.043

医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック
  • 今野 裕之 名誉院長
150 views

認知症をこの世の中からなくしたい。45歳からの「リコード法」のすすめ

― うつ病など精神疾患が原因で休職している方の職場復帰を支援するプログラムを実施されていると伺いました。

「リワーク」のことですね。うつ病は再発率が高いため、休職と復職を繰り返される患者さまが少なくありません。こうした患者さまのスムーズな職場復帰と就労継続を支援するために、「一般社団法人リエンゲージメント」(離職者向け)および「新宿御苑前メンタルクリニック」(求職者向け)と提携し、3〜6か月間にわたって、就労に必要な知識の学習や、復職後を見据えた作業、ストレスに対処する訓練などに取り組むプログラムを実施しています。

― 著書『最新栄養医学でわかった!ボケない人の最強の食事術』では、ご専門の「リコード法」を紹介していらっしゃいますね。

「リコード法」は、米国の医師が発表したアルツハイマー病の治療プログラムで、2014年に発表された論文ではプログラムに参加したアルツハイマー病や軽度認知障害の患者の9割に回復が認められたというデータもある、驚くべき治療法です。心身の状態や栄養の過不足を調べる血液検査やアルツハイマー病の発症リスクになる遺伝子検査など、さまざまな検査の結果をもとに“オーダーメイド”の治療を進めるのですが、その最大の特徴は生活習慣を重視する点にあります。中でも食事が重要です。ビタミンB群である葉酸、ビタミンB6、B12を積極的に摂取するとともに、精製された糖質をはじめとする認知症のリスクを高める食べ物を避けることで、脳の老化を遅らせる。つまり、認知症のリスク要因である加齢や生活習慣の乱れなど、より根本的な背景に着目して治療していくのが「リコード法」の要点です。ぜひ45歳以上の方には人間ドックと同じような感覚で検査を受けていただきたい。世の中から認知症という疾患をなくすこと、これが私の夢です。

― 最後に、受診を検討されている方へのメッセージをお願いします。

精神疾患も軽症のうちに治療を開始した方が早期回復を期待できるのは間違いありません。「おかしいな」「いつもとは何か違うな」と感じたら、いつでも、お気軽にご相談にいらしていただければと思います。

12
カギは生活習慣。理想的な心身状態 を目指すオーダーメイドの治療

医療法人社団TLC医療会 ブレインケアクリニック

場所
東京都新宿区左門町13 磯部ビル 2F MAP
電話
03-3351-3386
診察領域
内科、精神科、心療内科、予防接種
専門医
精神科専門医
専門外来
物忘れ専門外来(認知症外来)

新着インタビュー

MORE