三軒茶屋駅前おなかクリニック 三谷 年史 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
忙しい社会人でも
大病院レベルの内視鏡検査が
受けられるように

街の頼れるドクターたちvol.036

三軒茶屋駅前おなかクリニック
  • 三谷 年史 院長
2,914 views
東急電鉄「三軒茶屋駅」から徒歩2分という好立地に位置するビルの4階に、「三軒茶屋駅前おなかクリニック」はある。2019年開業の新しいクリニックで、内科・消化器内科・内視鏡内科の診療を行なっている。院長の三谷年史先生は、大学病院や虎の門病院などで約20年にわたり、豊富な検査・手術実績を積み上げてきた内視鏡内科のエキスパート。その実績は、胃カメラ約2万件、大腸カメラ約8千件、内視鏡的粘膜下層剥離術(内視鏡手術)1000件以上に及ぶ。今回はクリニックの特徴や内視鏡を使った検査や手術に興味を持った理由、クリニックの今後の展望などについて伺った。(取材日 2020年4月7日)

安心でつらくない内視鏡検査。キャリア20年超の消化器内科医の技術と思い

―「三軒茶屋駅前おなかクリニック」の特徴について聞かせてください。

当院は内科、消化器内科、内視鏡内科のクリニックです。特に力を入れているのは、「胃内視鏡検査(胃カメラ)」や「大腸内視鏡検査(大腸カメラ)」を、いかに多くの患者さまに、気軽に受けていただくかという点です。胃カメラや大腸カメラといいますと、痛い、苦しいといったイメージをお持ちの方が少なからずいらっしゃると思いますが、熟練の内視鏡専門医が麻酔や鎮静剤・鎮痛剤を適切に使用しながら検査を行えば、そこまでつらいものではありません。
また、より多くの方々に検査を受けていただくための工夫として、土曜日・日曜日も開院しています。大腸カメラや胃カメラは手間も時間もかかるイメージが強く、平日に仕事をしているビジネスパーソンにとっては、どうしても足が遠のいてしまいますからね。

― 実際に来院されるのはどのような患者さまが多いのでしょうか。

胃カメラや大腸カメラを受けにいらっしゃるのは、お勤め先や自治体の健康診断、人間ドックで引っかかったという方が多いですね。年齢層で申し上げますと30代から60代の方が中心。症例に関していえば、女性は便秘、男性は胃痛や胸やけなど、ストレスや食生活が原因で起きる症状で来院される患者さまが多い印象です。

― 先生が、内視鏡を使った検査や手術に興味を持たれた理由について聞かせてください。

内視鏡の一番の魅力は、臓器の状態や病変を直接、観察することができる点にあります。一般的な内科の診察では、問診や触診、聴診をしたり、CTやエコーの画像を参考にしたりして、臓器の状態を推測するわけですが、あくまで推測にすぎません。何が入っているのかわからない箱があったときに、箱を振ったり、叩いたりしながら、中身を類推しているようなものなんですね。一方、内視鏡検査は、箱の内部にカメラを挿入することで、直接、答え合わせができる。胃カメラを例にとれば、不調の原因が胃潰瘍によるものなのか、あるいは逆流性食道炎や胃がんによるものなのか、自分の目で見て、突き止めることができるわけですね。また、初期の胃がんや大腸がんであれば切除するなど、外科的な治療も可能です。こうしたところに魅力を感じながら、かれこれ20年あまり、大学病院や虎の門病院などで消化器内科医としての経験を積み、知識や技術に磨きを掛けてきたんです。

12
忙しい社会人でも大病院レベルの内視鏡検査が受けられるように

三軒茶屋駅前おなかクリニック

場所
東京都世田谷区三軒茶屋1丁目 37-2 三茶ビル 4階 MAP
電話
03-3421-7149
診察領域
内科、消化器内科、内視鏡、予防接種、健康診断
専門医
総合内科専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医

新着インタビュー

MORE