DEW CLINIC 日向 麻耶 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.079

美容皮膚科

肌の治癒力を高める、ダーマペン。独自施術でダウンタイムを短縮
肌の治癒力を高める、ダーマペン。独自施術でダウンタイムを短縮
DEW CLINIC
  • 日向 麻耶 院長
828 views
Osaka Metro「長堀橋」駅から徒歩5分、「心斎橋」駅からも徒歩圏内。多くの人と話題のショップが集まる大阪・南船場エリアの「DEW CLINIC」は、ニキビやニキビ跡の治療法として知られる「ダーマペン」に力を入れる美容クリニックだ。ダーマペンは、比較的短いダウンタイムで症状の改善が可能な治療法だが、同院では抗炎症作用のある薬剤を併用することで、ダウンタイムのさらなる短縮を図っている。また一人ひとりに十分な時間を確保し、肌の状態に合わせた丁寧な施術を提供。「患者さんに寄り添い、お肌をより良い状態へと導くアドバイザーでありたい」と語る日向麻耶院長へ、ダーマペンの施術内容や薬剤についてお話を伺った。(取材日 2022年7月4日)

極細針で皮膚を刺激。肌の再生を促し、ニキビやニキビ跡を改善する

― ダーマペンについて詳しく教えてください。

ダーマペンは、皮膚の治癒能力を高めてニキビやニキビ跡を改善する治療です。
ダーマペンの先端には髪の毛よりも細い16本の針がついており、お肌の上で高速振動させて1秒間に1920個の微細な穴を開けます。ニキビやクレーター、色素沈着などの症状に合わせて、針の深さを0.2から2.5ミリの間で調整。お肌のハリや弾力を維持するために必要なコラーゲンとエラスチンの生成能力を高め、代謝を促します。
さらに薬剤を塗布すれば、皮膚にできた穴を通して有効成分を肌の奥深くへと浸透させることが可能になるため、ダーマペンとの相乗効果が望めます。当院では「薬剤なし」も選べますが、ほとんどの患者さんが薬剤の併用を希望されますね。

― ダーマペンは、どういった症状でお悩みの方が対象でしょうか?

皮脂が毛穴につまってお肌の表面が盛り上がった「白ニキビ」や、炎症状態の「赤ニキビ」が治らない方。また茶色いシミが残る「色素沈着」や、肌の表面に凹凸ができる「クレーター」などのニキビ跡に悩んでいる方に最適な治療です。
肌の治癒能力を高めて代謝を促すダーマペンは、ニキビやニキビ跡以外の症状にも効果が期待できます。塗布する薬剤を変えることで、エイジングケア全般のお悩みに対応することが可能。最近では“ツヤ肌”を求める患者さんが多く、コラーゲンを再生させる「マッサージピール」のニーズが高いですね。

― 他の治療法と比べて、ダーマペンにはどのような特長がありますか?

「ダウンタイムの短さ」と「薬剤を導入できる」。ニキビやクレーターを改善できる他の治療法と比較した場合は、この2点がダーマペンの特長として挙げられるでしょう。
まず、創傷治癒を促す点においては、熱エネルギーを用いて皮膚の再生を促す「フラクショナルレーザー」と比較されることがよくあります。ダーマペンは、赤みがひくまでにかかる時間(ダウンタイム)が2~3日程度と短く、フラクショナルレーザーよりも少ない負担でニキビやクレーターの治療が可能。さらにレーザーでは不可能な薬剤の導入も行うことができます。
次に薬剤の導入ができる治療法との比較では、微弱電流を流して有効成分を浸透させる「イオン導入」よりもさらに深い層へ、直接的に有効成分を届けることが可能です。

施術中の痛みは軽度。薬剤の抗炎症作用でダウンタイムをさらに短縮

― DEW CLINICにおけるダーマペンの施術の特長を教えてください。

施術の際に抗炎症作用のある薬剤「NMN」を肌に浸透させて施術後の回復を促し、ダウンタイムのさらなる短縮を図っています。NMNを併用した場合のダウンタイムは、針の深さが0.2ミリの場合で1〜2日、2.5ミリなら1週間程度です。個人差はありますが、薬剤を用いない治療と比べて赤みの引きが早かったり、色素沈着になりにくかったりするなど、早期に回復するケースが多くみられます。
また、画一的な施術を行わないことも当院ならではの特長です。お肌の状態に合わせて針の深さを細かく調整し、薬剤の選択も含めて最適な治療を提供するために、スタッフ全員が知識と技術の向上に努めています。

― 併用する薬剤の「NMN」について詳しく教えてください。

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)はブロッコリーや枝豆などの食材にも含まれる成分で、体内細胞の若返りに関わる重要な要因と考えられている物質です。NMNは、体内で「NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)」に変換され、細胞の老化をコントロールする「サーチュイン遺伝子」を活性化します。普段は休眠状態のこの遺伝子が、NMNの摂取がきっかけとなって、エネルギー生成や代謝促進などの作用を起こすのです。
この他にもさまざまな抗老化作用がマウス実験で確認されており、そのひとつである抗炎症作用がダウンタイムの短縮に貢献しています。
さらに当院で使用するNMNは、脂質からなる二重膜のマイクロカプセルに有効成分を包んだ「リポソーム化NMN」。リポソーム化された成分は体内で時間をかけて放出されるため、長時間にわたってお肌の内部に浸透します。NMNの効果を最大限に引き出せる薬剤といえるでしょう。

― 施術の際は、痛みがありますか? またお化粧はいつから可能でしょうか?

麻酔クリームを塗ってから施術を行うため、施術中の痛みはほとんどありません。表面麻酔が切れてからは、日焼けをしたときのようにヒリヒリとした痛みを感じる方が多いですが、翌日中には消失することが一般的ですね。
メイクは翌日から可能です。施術後は、鎮静成分を含む専用のメディカルファンデーションを塗って帰宅していただいています。

ドクターからのメッセージ日向 麻耶 院長

ダーマペンは痛みがほとんどなく、安心して受けられる治療です。NMNでダウンタイムの短縮を図ることも可能ですので、ニキビやニキビ跡に悩んでいる方はお気軽にご相談ください。
当院ではホームケアとクリニックケアをセットで考え、日頃のスキンケアの指導に力を入れています。また、そのときどきのお肌の状態に合った治療を必要なだけ受けていただくために、2022年7月からは定額制の「サブスクプラン」も始めました。何でも相談できる“お肌のかかりつけ医”として、当院をご活用いただけるとうれしく思います。

肌の治癒力を高める、ダーマペン。独自施術でダウンタイムを短縮
肌の治癒力を高める、ダーマペン。独自施術でダウンタイムを短縮

DEW CLINIC

場所
大阪府大阪市中央区南船場2−8−11 南船場クリスタルプラザ1階 MAP
電話
06-6266-0200
診察領域
美容皮膚科

新着インタビュー

MORE