山口歯科医院 山口 文誉 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.061

歯科

進化する歯周病治療。リスクファクターの把握と再生療法
進化する歯周病治療。リスクファクターの把握と再生療法
山口歯科医院
  • 山口 文誉 院長
213 views
横浜・関内のデンタルクリニック「山口歯科医院」。虫歯などの一般的な保険診療から、インプラント治療やセラミック治療まで幅広い分野の診療を手掛ける同クリニックは、なかでも「歯周病治療」に力を入れている。院長の山口文誉先生は、日本歯周病学会専門医・指導医。海外研修や講演、執筆活動にも積極的に取り組み、2021年11月には『イラスト・写真・動画で学ぶ! 低侵襲 歯周組織再生療法』(クインテッセンス出版刊)を刊行した。日本歯周病学会の専門医や認定医の資格を持つドクター、そして認定歯科衛生士を結集し、チーム医療を実践する山口先生に、歯周病治療の現在地について伺った。(取材日 2021年10月11日)

歯周病研究の現在。病因論の成果、ステージ・グレードによる新たな分類法

― 近年の歯周病研究の成果について聞かせてください。

歯周病には、プラーク(細菌の塊)によって歯肉に炎症が生じる「歯肉炎」と、歯肉の中にある歯槽骨と呼ばれる骨が溶ける「歯周炎」という2つの段階がありますが、すべての歯肉炎が歯周炎に進行するわけではありません。スリランカの茶畑で働く、歯磨きの習慣のない労働者を15年間にわたって追跡調査した研究によると、「多くのプラークが観察されたが歯周病が全く進行しない人」が全体の約10%もいたのです。つまり、歯周炎の発症にプラークが大きな影響を及ぼすのは間違いありませんが、必ずしも細菌だけが原因ではないということです。では、何が“スイッチ”を入れるのか。病因論の研究が進められた結果、歯周病は多因子性の疾患であり、多様な「リスクファクター」が介在することが分かってきました。

― では、何がリスクファクターになるのですか。

喫煙と糖尿病を2大因子として、他にはストレスや歯ぎしり、不規則な食習慣、年齢、遺伝的な要素などがリスクファクターとして考えられています。口腔内には良い常在菌と悪い常在菌が棲みついており、プラークがある程度増殖しても平衡状態が保たれているのですが、リスクファクターの影響を受けてバランスが崩れると“スイッチ”が入る、という説が有力視されているのですね。何れにしても、歯周病のリスクが高い人をできるだけ早期に発見し、リスクファクターを可能な限り取り除く、そして患者様お一人お一人に合ったオーダーメイドの治療により歯周炎への進行を予防して、できるだけ多くの歯を残せるようにすることが求められています。

― 近年の歯周病治療について、他にはどのような発展がありますか。

歯周炎の分類方法が約20年ぶりに改定され、ステージ・グレードという枠組みで分類されるようになりました。Ⅰ(初期)、Ⅱ(中等度)、Ⅲ(重度)、Ⅳ(アドバンスト)という4つのステージを区別した上で、進行の速さをA(緩慢)、B(中等度)、C(急速)のグレードで示す仕組みです。これにより、従来は「重度の歯周病」と呼んでいた症状を「ステージⅢ・グレードB」のように明晰かつ客観的に表示できます。歯周ポケットに関しても、単純に歯と歯肉の間の溝の深さを測定するだけでなく、歯肉の退縮を考慮に入れることがルール化され、より緻密な診断が可能となりました。

12
進化する歯周病治療。リスクファクターの把握と再生療法

山口歯科医院

場所
神奈川県横浜市中区本町3丁目24−2 ニュー本町ビル 1F MAP
電話
045-349-2180
診察領域
歯科、矯正歯科、歯科口腔外科
専門医
歯周病専門医

新着インタビュー

MORE