ブレインクリニック大阪 大川原 潤 院長 | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.028

精神科

メンタルの困り感を改善。脳の神経にアプローチするTMS治療
メンタルの困り感を改善。脳の神経にアプローチするTMS治療
ブレインクリニック大阪
  • 大川原 潤院長
1,748 views
大阪キタエリアのランドマークである、梅田スカイビル。その7階にあるブレインクリニック大阪は、薬に頼らず発達障害を治療する「TMS(経頭蓋磁気刺激)治療」を提供している。TMS治療は、磁気で脳の神経繊維を刺激し、脳の活動を活性化・抑制して症状を改善する、副作用のない治療法だ。うつ病の治療法として知られるが、欧米では、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、統合失調症、アルツハイマー型認知症、脳梗塞の後遺症、慢性疼痛、耳鳴などの疾患にも応用が広がっている。2020年4月に開院した大阪院の大川原潤院長に、TMS治療に適した疾患や治療の流れについて伺った。(取材日 2020年5月21日)

医師の主観ではなく、客観的なデータで診断するQEEG検査、副作用のないTMS治療

― はじめに、TMS治療について教えてください。

TMS治療とは、脳の活動を活性化または抑制して脳の神経を整えることで、うつ病や発達障害などの症状を改善する治療法です。
記憶や判断、意欲や学習などを司る、大脳皮質の背外側前頭前野に頭の外側から磁気をあて、脳の神経に直接アプローチを行います。痛みや副作用を伴わないことから、5歳ごろから高齢者まで受けられます。欧米では、うつ病の一般的な治療法として広く普及しており、日本においても近年注目を集めています。

― どういった疾患に対して有効なのでしょうか?

TMS治療はうつ病の治療法として認知されていますが、当院では発達障害と、発達障害が原因で起こる疾患やうつ特性などに対して治療を行っています。具体的には、ADHD、ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー)の大きく2つが挙げられ、二次障害としての学習障害や感覚過敏、不安障害、パニック障害、うつ特性などにも有効です。
また治療前には、脳の状態を可視化し、人工知能で解析する「QEEG(定量的脳波)検査」を行っています。QEEG検査では、発達障害の特性の有無や二次障害の症状の診断が可能です。グレーゾーンの方やうつ病の薬が効いていない方をはじめ、ご自身で発達障害を疑っている方も、QEEG検査で治療の有効性が確認できれば、TMS治療による症状の改善が見込めます。
一方で発達障害に起因しない、薬物療法が有効なうつ病の場合は、専門のクリニックでの治療をおすすめしています。

― どのような症状に適した治療法なのでしょうか?

日常生活で、困り感がある方に適しています。例えば、「こだわりが強く、融通が利かない」「気になることがあると他のことが手につかない」「ネガティブなことをずっと考えてしまう」「忘れ物やミスが多い」「じっとしていられない」「特定の感覚に過敏」などの症状です。
治療によって症状が改善されると、ご本人だけでなく、ご家族もその変化に気づきます。中には、帽子とマスクなしでは絶対に外出できなかった方が、無意識に着用せずに来院されたということもありました。TMS治療の効果には、私自身も驚かされることがありますね。

12
メンタルの困り感を改善。脳の神経にアプローチするTMS治療

ブレインクリニック大阪

場所
大阪府大阪市北区大淀中1丁目1−88 梅田スカイビルタワーイースト7F 703号 MAP
電話
0120-464-707
診察領域
神経内科、精神科
専門外来
物忘れ専門外来(認知症外来)、発達障害専門外来、睡眠障害専門外来、セカンドオピニオン専門外来

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE