吉野 真人院長 蒲田よしのクリニック | ドクターズインタビュー

メニュー

頼れるドクターが教える治療法vol.20

ラドン療法

さまざまな病気に効果が望めるラドン温浴
さまざまな病気に効果が望めるラドン温浴
蒲田よしのクリニック
  • 吉野 真人院長
1,084 views
東京都・蒲田駅の近くにある「蒲田よしのクリニック」では全国的にも珍しい「ラドン温浴」と呼ばれる治療を行っている。「ラドン」と聞けば温泉を思い浮かべる人が多いと思われるが、一体どんな治療を意味するのだろう。同院は薬に頼り過ぎない、人間の自然治癒力を高める治療に力を入れており、ラドン温浴もそのための手立ての一つなのだという。「日本古来から行われてきた温泉療法を医療機関の中で受けられるようにしたのがラドン温浴。さまざまな病気に効果が期待できます」と話す吉野真人院長に聞いた。(取材日 2019年10月16日)

ラドンが出すアルファ線が活性酸素を除去、細胞の働きを改善させる

―「ラドン温浴」とはどのような治療なのでしょうか。

多くの人の場合、「ラドン」と聞いて思い浮かべるのは温泉ではないでしょうか。日本では鳥取県の三朝温泉や秋田県の玉川温泉が有名な「ラドン温泉」として知られていますが、これはラドンと呼ばれる気体が湯に溶け込んだり、湯や岩盤から立ち上ったりしている温泉を意味します。ラドンは、元は「ラジウム」という個体の放射性物質であり、温泉の岩盤に含まれているのですが、長い年月をかけて徐々に気化していきます。温泉客は必然的にこの気体を吸い込むことになります。ラドンは人間の心身にさまざまな良い作用をもたらすと考えられているため、日本では古くからラドン温泉に病気の患者が湯治に訪れているわけです。

―すると、ラドン温浴はその仕組みを医療機関の中で実現させようというもの?

はい。「ラドン温浴」は「小さな人工のラドン温泉をクリニックの中に作っている」と言えば理解しやすいでしょう。当院ではラジウムの粉末を床や壁などに付着させた部屋(ラドンルーム)を院内に設けており、部屋にいるだけで気化したラドンを吸い込むことができます。室内の温度は38度、湿度は80~90%に保たれており、患者さんは当院が用意する作務衣に着替えていただき、40分ほど横になっていただきます。利用後は併設されているシャワーもご利用いただけます。予約制で費用は1回3,500円(税込)。感覚としてはサウナに近いものですね。ラドン温浴を行っている医療機関は全国で10数ヵ所、都内では4ヵ所あります。当院は2011年の開院時からラドン温浴を行っていて、今までに数百人の方が利用、現在は1日に10人ほどが利用しています。

―ラドンが体に良い作用をもたらすメカニズムを教えてください。

口や鼻から吸い込まれたラドンは肺の血液に溶けて全身を巡ります。ラドンは放射線を出す能力を持つ放射性物質ですから、全身の隅々で放射線の一つであるアルファ線を放出します。このアルファ線が人体に良い影響を及ぼすと考えられており、様々な病気の原因だとされている活性酸素を取り除いたり、細胞の働きを改善させたりします。私たちの体は微小な無数の細胞によって構成されていて、細胞には水分や栄養を取り込み、老廃物を排出する働きがあります。細胞が順調に働き続けてくれていれば病気にはならないと考えられるわけですが、加齢や生活習慣によって徐々に細胞に過酸化脂質などの汚れが付着し、水分や栄養が入りづらくなり、また老廃物が出にくくなります。つまり、細胞の働きが鈍っていくわけですが、アルファ線は細胞の汚れを取り除く働きもあると考えられているのです。

12
さまざまな病気に効果が望めるラドン温浴

蒲田よしのクリニック

場所
〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目27−10 TKビル 1F MAP
電話
03-6424-7071
診察領域
内科、内分泌代謝科、血液内科、心療内科
専門医
総合内科専門医
専門外来
禁煙外来、肥満専門外来、生活習慣病専門外来、更年期障害(女性)専門外来、心身症専門外来、東洋医学漢方専門外来、セカンドオピニオン専門外来

新着インタビュー

MORE