いのまたクリニック 猪又 雅彦院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
大病を患う前のアプローチで、
患者さんを笑顔にする
循環器内科

街の頼れるドクターたちvol.037

いのまたクリニック
  • 猪又 雅彦院長
780 views

患者さんにとっての“いい人生”を考える。検査と対話から最善の治療を提案

― 患者さんはどのような方が多いのでしょうか?

心筋梗塞後や狭心症の既往歴、不整脈があるなど心臓の病気を抱えている方のほか、生活習慣病でお薬を必要とする患者さんが中心です。睡眠障害の治療にも力を入れているため、いびきの相談で通っていただいている患者さんも多いですね。睡眠時無呼吸症候群は心臓の病気の原因になるといわれており、将来的な病気を防ぐためにも治療をお勧めしています。また、併設している小児科では、開院当初からお子さんの予防接種を数多く行っています。予防接種がきっかけとなり、家族全員で通院していただくケースも徐々に増えてきました。

― 先生の得意な診療について教えてください。

一つ目は、高血圧や不整脈をはじめとした心臓の病気です。問診で病気をある程度まで絞り込み、さらに必要な検査を行って診断します。万が一、悪化している場合は総合病院に紹介できる体制を整えており、適切なタイミングでスピード感のある対応ができることも強みですね。
二つ目は、生活習慣病です。健康診断の結果を受けて来院される患者さんが多いこともあり、自覚症状のない方が少なくありません。病気の進行を防ぐため、少しでも患者さんの心に響く説明ができるように、患者さんごとに対話を工夫しています。生活習慣病の患者さんは、血糖値や血圧のコントロールが必要です。その点では大きな病院よりも一人ひとりに合わせたフォローができるため、予防や改善に向けた治療を継続しやすいと思います。

― 治療を行う上で大切にされていることはありますか?

将来的に良い結果へとつながるように、病気だけではなく、患者さんをみて治療に臨むことを大切にしています。良い結果とは、患者さんが最期を迎える時に「いい人生だった」と思えること。そのために必要なことを優先して検討し、提案するようにしています。また、治療には患者さんの理解が欠かせません。例えばお薬の場合は、「よく分からないが、仕方なく飲む」ということがないように、分かりやすい説明を心がけています。

― 最後にメッセージをお願いします。

胸が痛い、息苦しいなどの症状がある方はもちろん、なんとなく違和感がある場合や、健康診断の結果が芳しくなかった方も、気軽に相談に来てください。きちんと検査をして、大きな病気でないことが分かれば、不要なストレスを抱えることもありません。いい人生を送るためには、健康であることがとても大切です。私は医療を通じて、地域のみなさんのいい人生の一助になりたいと思っています。

12
大病を患う前のアプローチで、患者さんを笑顔にする循環器内科

いのまたクリニック

場所
愛知県名古屋市千種区四谷通1-13 ノア四ツ谷 1F MAP
電話
052-734-8788
診察領域
内科、循環器内科、小児科、予防接種
専門外来
禁煙外来、睡眠時無呼吸症候群専門外来、循環器疾患専門外来、高血圧専門外来、生活習慣病専門外来

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE