いのまたクリニック 猪又 雅彦院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
大病を患う前のアプローチで、
患者さんを笑顔にする
循環器内科

街の頼れるドクターたちvol.037

いのまたクリニック
  • 猪又 雅彦院長
1,045 views
名古屋市営地下鉄「本山」駅、5番出口から歩いてわずか1分。いのまたクリニックは、内科・循環器内科・小児科を診察している。内科・循環器内科医として20年のキャリアを持つ猪又雅彦院長は、長年診てきた患者さんをフォローし続けたいという想いから、以前の職場に近い千種区で2017年にクリニックを構えた。同院では、血管年齢検査や超音波検査をはじめ、動脈硬化や糖尿病などの血液検査も院内で行える体制を整備している。検査機器が充実している理由は、大病を患う前の段階でのアプローチを重視しているからだ。気軽に相談できるクリニックを目指す猪又院長に、理想の医療や得意な診療についてお話を伺った。(取材日 2020年5月19日)

病気予防で地域に貢献。何でも気軽に相談できる、“街の内科医”を目指す

― 開業のきっかけと、千種区を選ばれた理由を教えてください。

医師を志したときから“街の内科医”を目指していたため、いつかは開業したいと思っていました。 具体的に考え始めたきっかけは、家族との時間を大切にしたかったからです。勤務医時代は、救急で夜中に呼び出されることがとても多く、あまり家族との時間を過ごせていませんでした。そして、本来の目指していたものを実現したかったからです。さまざまな事情で当初の予定よりも時間がかかりましたが、クリニックがあるこの場所を紹介していただいたことを機に、開業への道が一気に開けました。近隣には内科や循環器のクリニックもあり迷いましたが、ここであれば勤務医時代の患者さんが通いやすく、これから来院される患者さんにとっても便利な立地だと思ったからです。

― どのようなクリニックを目指されているのでしょうか?

できる限り敷居の低い、相談しやすいクリニックを目指しています。「相談に行ってみよう」くらいの気持ちで来ていただくことができれば、命に関わる病気になる前の段階で患者さんを診ることができるからです。患者さんが気軽に話せる雰囲気を作るために、診察時にはじっくりと対話し、スタッフからも積極的にお声がけをしています。大きな病気にならないためのアプローチができる環境を作り、病気になる人を減らすことが一番の理想です。そうなれば街のクリニックとして、病気の人を治す以上の地域貢献ができるのではないでしょうか。

― クリニックの理念についてお聞かせください。

関わる全ての人を笑顔にする―。それが、当院の理念です。患者さんがクリニックから帰るときには、笑顔でいてほしい。「ここに来て良かった」と感じていただけるクリニックを作りたい。そんな想いをこの理念に込めました。またスタッフが笑顔でいてこそ、患者さんを笑顔にすることができると思います。患者さんもスタッフも、みんなが笑顔になれるクリニックを追い求めていきたいですね。

12
大病を患う前のアプローチで、患者さんを笑顔にする循環器内科

いのまたクリニック

場所
愛知県名古屋市千種区四谷通1-13 ノア四ツ谷 1F MAP
電話
052-734-8788
診察領域
内科、循環器内科、小児科、予防接種
専門外来
禁煙外来、睡眠時無呼吸症候群専門外来、循環器疾患専門外来、高血圧専門外来、生活習慣病専門外来

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE