船橋駅前みみはなクリニック  上田 結花里院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
患者さんの不安感を
和らげるため、
丁寧な診療と
温かい接遇を心がける

街の頼れるドクターたちvol.033

船橋駅前みみはなクリニック
  • 上田 結花里院長
48 views
「船橋駅前みみはなクリニック」の上田結花里院長は2016年の開院以来、「安心・信頼・笑顔」をコンセプトに診療を続けている。上田院長は「大好きだった」父の病死をきっかけに医師を志し、子育てをしながら耳鼻咽喉科医としてさまざまな悩みに対応するトレーニングを積んできた。開業してからも「丁寧な診療」を重視することは変わらず、患者さんの目を見て丁寧に説明し、信頼関係を築けるよう心がけている。待ち時間の減少や診療の質を上げるためにウェブ予約システムや事務補助(クラーク)制度も取り入れている。(取材日 2020年2月12日)

医師を志したきっかけは大好きだった父の死「病気に苦しむ人を救いたい」

―先生が医師を志した経緯をお聞かせください。

生前の父の思いを叶えたかったためです。私は3人姉妹の末っ子で、小さなころから父が大好きでした。父は優しくて教養もあり、私たちはとても尊敬していたのですが、残念なことに私が大学生のころ、胃がんで亡くなりました。実は父は私に医師になってほしかったようなんですね。私はそのことをあまり深くは考えずに富山医科薬科大学(現富山大学)の薬学部に進んだわけですが、父の死をきっかけに自分の進路を真剣に考えました。そして、「父の願いを叶えたい」「父と同じように病気に苦しむ人を救えるような仕事をしたい」という思いが強くなっていきました。薬学部を卒業後、1年ほど勉強した後に同大の医学部に進みました。

―耳鼻咽喉科を専攻したのはどんな理由だったのでしょう。

自分のやりたいこととワークライフバランスを考えた結果です。父が胃がんの手術を受けたこともあって医学部に進んだ当時は外科医に憧れていたのですが、後に私は結婚をし、医学部を卒業するころには4歳になる子どもがいました。「仕事と子育てを両立させるためには内科や外科でのハードワーキングは難しそう。だけど外科的な治療もしたい」。そんな思いの折衷案として浮かんだのが、耳鼻咽喉科の道でした。医局の先生方が素敵だったことも後押ししました。実習で耳鼻咽喉科を回ったときに、とてもいい雰囲気の中で皆さんが仕事をしている様子が伝わったので、「私もここなら楽しくやれそうだ」と思ったのです。

―勤務医としてキャリアを積む中で、なぜ開業したのですか?

私は開業医の子どもではないこともあってもともと開業しようとは思っていなかったのですが、数年前にたまたま知人から良いお話をいただいたんです。当時は私の出身である千葉県で勤務医をしていて、船橋市での開業を提案されました。船橋は子どものころからよく買い物に来ていた好きな町でしたし、クリニックの立地も駅に近くて患者さんの利便性も高い。徐々に、なじみのある土地で地域の方にとって身近な町医者になれることに魅力を感じていきました。私は専門性を追求するより、全体的にバランス良く診療するトレーニングを積んできたので、その経験も生かせるだろうと思いました。

12
患者さんの不安感を和らげるため、丁寧な診療と温かい接遇を心がける

船橋駅前みみはなクリニック

場所
千葉県船橋市本町7丁目6−1 船橋ツインビル 東館6階 MAP
電話
047-411-3387
診察領域
アレルギー科、耳鼻咽喉科、予防接種
専門医
耳鼻咽喉科専門医
専門外来
睡眠時無呼吸症候群専門外来、めまい専門外来、補聴器専門外来、難聴専門外来

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE