葛西内科皮膚科クリニック 布目 英男院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
患者さんの考えを尊重した
総合内科・糖尿病・
皮膚治療を心がける

街の頼れるドクターたちvol.24

葛西内科皮膚科クリニック
  • 布目 英男院長
381 views

大切にしている心構えは「人を変えようとせず、まずは自分が変わること」

―糖尿病の治療において、どんなことを大切にしていますか?

自分の考えを押し付けず、あくまでも患者さんに提案する形でお伝えすることです。医師としてはなるべく薬に頼らない方法で改善を図りたいと考えているので、まずは食事療法と運動療法を2~3か月ほど続けてもらい、その後の状態を見たうえで薬を検討します。当院の管理栄養士が具体的な食事のプランをお伝えすることも可能です。この流れが基本となりますが、患者さんの意見を尊重しながらアレンジを加えていきたいと考えています。

―「提案に留める」というのは、どのようなお考えがあってのことなのでしょうか?

医療だけでなく仕事でも勉強でも同じですが、上から指示されて無理に取り組まされても本人は気持ち良くはありませんし、また長続きはしないものです。特に生活習慣病の治療は長期にわたり、患者さん自身が取り組むべきことが多いので、ある程度のモチベーションがないとうまくいきづらいのが現実。ですから、患者さんの考えに耳を傾けてそれに合いそうな方法を検討し、「こうするのはどうですか?」と伝え、あとは患者さんにゆっくり考えていただきます。

―患者を「良くしよう」と焦らず、待つ姿勢を大切にしているのですね。

はい。人を変えるのは難しいですから、まずは医師である自分が変わることが大切です。患者さんの考えや価値観に合わせて柔軟に対応し、伝えられることは伝えて、あとは患者さんに考えてもらう。決めたことは途中で変えてもいいので、それに合わせて私がまた新しいプランを提案する。糖尿病の治療は患者さんの主体性が問われるのでうまくいかないこともありますが、患者さんが少しでも自分の体を大事に思うようになったり、治療に意欲的に取り組むようになったりすると嬉しいですね。糖尿病は多くの病気と同じように、早めに治療を始めて重い合併症が起きないようコントロールすることが大切です。健康診断で異常を指摘されたら早めにご相談ください。

12
患者さんの考えを尊重した総合内科・糖尿病・皮膚治療を心がける

葛西内科皮膚科クリニック

場所
東京都江戸川区中葛西3丁目16−17 パネフリアドビル1階 MAP
電話
03-5679-8211
診察領域
内科、呼吸器内科、消化器内科、糖尿病科、アレルギー科、皮膚科、予防接種
専門医
皮膚科専門医、糖尿病専門医、総合内科専門医
専門外来
禁煙外来、睡眠時無呼吸症候群専門外来、アレルギー(皮膚科)専門外来、糖尿病専門外来、AGA(男性型脱毛症)専門外来、脱毛症専門外来、わきが・多汗症専門外来、アトピー外来、皮膚科専門外来

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE