新宿ストレスクリニック品川本院 渡邊 真也 統括院長 | ドクターズインタビュー

メニュー
患者さんの信頼を
最も大切にし、
身体に優しい
うつ病治療を提供

街の頼れるドクターたちvol.21

新宿ストレスクリニック品川本院
  • 渡邊 真也統括院長
3,674 views

TMS治療は選択肢の一つ。患者さんに安心感を与えることが最も大切

―TMS治療の仕組みについて教えてください。

「脳の特定部位に磁気刺激を与えることで、うつ病によって低下した脳血流と脳代謝を改善させる」。これが最も有力視されている考え方で、脳機能画像研究により証明されています。効果の程度に関しては当院において2013年6月から2016年2月にかけて治療を行った788人を調べたところ、およそ8割の患者さんに症状の改善が見られ、約6割の患者さんが寛解しました。「寛解」とは、症状が消えた状態を意味します。

―薬に頼らずに済む以外のメリットはあるのでしょうか。またデメリットは?

薬とは違って、副作用がほとんどないことが大きなメリットです。うつ病は数ある病気の中でも治りにくい病気で、薬物療法だけでは約30%が難治化すると言われています。そんな中、患者さんに薬物療法以外の選択肢を与えられることには大きな意義があります。当院の治療費は、基本的に30回プランで1回につき1万9800円。その中に診察代や臨床心理士によるカウンセリング代が含まれています。治療時間は1回20分ほどで、治療中は、頭をペンでトントン叩かれているように感じますが、副作用はほぼなく安全な治療です。

―最後に、院長先生からうつ病に悩んでいる方にメッセージをお願いします。

当院では、患者さんに身体の負担が少ないうつ病治療を行いたいとTMS治療に力を入れていますが、同治療はあくまでも選択肢の一つです。最も大切なのは、患者さんに私たち当院のスタッフを信頼してもらうこと。患者さんに心を開いていただくためにも、患者さんのお話をよくお聞きし、こちらからお話するときは分かりやすく丁寧に、そして正直にお伝えすることを心がけています。その上で患者さんに治療法を選んでいただく方針をとっています。もちろん、判断に迷われる場合はアドバイスいたします。お悩みを抱えている方のご相談をお待ちしております。

12
患者さんの信頼を最も大切にし、身体に優しいうつ病治療を提供

新宿ストレスクリニック品川本院

場所
東京都港区港南2-6-3 シントミビル5F MAP
電話
0120-772-248
診察領域
精神科、心療内科
専門医
精神科専門医

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE