座間歯科医院 田中 則道院長 上原 玲子先生 | ドクターズインタビュー

メニュー
歯科医療の正しさを
押し付けない。
患者の気持ちに
寄り添う診療

街の頼れるドクターたちvol.017

座間歯科医院
  • 田中 則道院長 上原 玲子先生
3,305 views

父のように「いてくれて良かった」と思われる歯科医師になりたい

―上原先生から見た座間歯科医院の印象をお聞かせください。

私が診療に加わったのは2018年です。それまでは大学病院ばかりに勤めてきたので、患者さんとの距離の近さにびっくりしました。患者さんが、育てた野菜やお花をわざわざ持ってきてくれて、お花が枯れたらまた新しいものをくれるんです。父は地元の町内会にも加入していて、お祭りでは自ら野菜を販売するなど地域のイベントにも積極的に参加しているんですね。そんな父の姿を見てくれているのか、地域の患者さんも心を開いてくれているような気がします。

―取材でもそんな人柄が伝わります。歯科医師としての院長はどうですか?

一般歯科を長くやっているので幅広く診られるのは長所だと思いますし、豊富な経験でカバーできることも多いように思います。もちろん、いいなと思うことばかりではなく、今の患者さんは歯科医師にしっかりと説明してもらって、自分の状態や治療の内容を理解したい人が多いですから、説明が足りないと感じる場面もあります。でもそんなときに私が指摘すると「そうかそうか」と話を聞いてくれて、取り入れてくれるんですね。私が年を取ったときに同じように振舞えるかと考えると…。新しいことを吸収しようとする姿勢は素晴らしいのではないでしょうか。

―上原先生はこれからどのような歯科医師をめざしたいとお考えですか?

地域の方から「いてくれて良かった」と思われる歯科医師になりたいですね。そして、父のように患者さんの気持ちを大切にして、あえて完璧を目指さない選択肢も取れる歯科医師でありたいとも思います。歯科医療としての正しさを押し付けるのではなく、患者さんの生活や気持ちを考えながら望ましい方向を一緒に考えられる歯科医師でありたいなと。私の専門は矯正治療なのですが、矯正治療は大がかりなものばかりではなく、子どもの頃からちょっとした癖を見直すことで歯並びの悪化を防ぐことも見込めます。矯正の魅力も地域の方に伝えていきたいですね。

12
歯科医療の正しさを押し付けない。患者の気持ちに寄り添う診療

座間歯科医院

場所
神奈川県座間市座間1丁目3120−4 MAP
電話
046-251-2265
診察領域
歯科、矯正歯科、小児歯科、予防歯科、ホワイトニング

関連キーワード:

新着インタビュー

MORE